家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

アウトドアの万能料理器具・それこそ中華鍋!


キャンプ飯, アウトドア料理, 中華鍋

アウトドアでの調理器具といえば、まずダッチオーブンがイメージされるだろう。
だが、今回は「中華鍋」を推してみたい。
ガスの強火の上でサッサッサッとリズミカルに振れば、炒飯でもレバニラでもシャッキリカラリと炒め上げられる。
中華鍋、それも北京鍋は、アウトドアに持ち出せば万能選手として活躍してくれるのだ 

※当記事の写真は、直火可能なサイトで撮影させていただきました。

アウトドアでの鍋は 
「オール金属製」がベスト

さて本題に入る前に、アウトドアにマストな調理器具を考えてみたい。

アウトドア調理に用いる鍋は、金属製のものが望ましい
土鍋は重い。そして、うっかり落とせば粉々に砕けてしまう。
金属の本体の上にガラスを被せたホウロウ鍋は、急激な温度変化と打撃に弱い。
表面のガードは簡単に剥がれ、そこからサビが侵入する。
だから、アウトドアで用いる鍋は「金属」であるものが望ましい。

そして、「オール金属」の鍋が望ましい

家庭用のアルミ鍋、ステンレス鍋は、本体そのものは金属製だが、持ち運びの便宜を図って「取っ手」が取り付けられている。
その取っ手がクセ物なのだ。
煮炊きしたての鍋は熱い。そんな鍋を素手でつかめば火傷は免れない。だから「取っ手」の部分は、防熱性に優れた素材…木や合成樹脂がマスト。
でも、これはあくまで家庭の台所、あるいはスイッチ一つで火力を自在にコントロールできるガスorガソリンバーナーあっての話だ。

アウトドア調理の醍醐味といえば焚き火料理。
焚き火料理に「金属以外の取っ手つき」鍋は向かない

キャンプ飯, アウトドア料理, 中華鍋, 焚き火, 焚火

焚き火の炎は気まぐれだ。

湿った薪を使えば、薪の組み方が悪くて酸素の流入が悪ければ、なかなか燃えつかない。だが薪の組み方をチョッと変えただけで一気に酸素が流れ込み、ボワッと一気に燃え上がるのが焚き火の面白さ。
こんな折、上に鍋でもかけて居ようものならたちまち炎に包まれる。合成樹脂製の取っ手は融け、木の取っ手は焦げてメチャクチャだ。

 だから、アウトドア用の鍋はオール金属が望ましい。

中華鍋は丸底 
だから安定設置&調理が可能

さて、アウトドアで中華鍋
アウトドアでの中華鍋は、さきに述べたように「オール金属」のものを選ぶ。
木や樹脂製の握り手が付いていないもの。
握り手までもが鉄製の「北京鍋」が望ましい。
そして、テフロン加工ではないもの。
ガンガン熱してガンガン炒める、これこそが信条の中華鍋。
都会のヤワな使い方は似合わない。

キャンプ飯, アウトドア料理, 中華鍋

さて、実践編。
中華鍋をサイトに持ち込む。
そのまま持てば手がふさがる。
なので、柄の孔にカラビナを結わえて、リュック脇に取り付けて運ぼう。

キャンプ飯, アウトドア料理, 中華鍋

サイトが整い、火が起こされ、いよいよディナータイム。
ここでいよいよ北京鍋。

中華鍋の持ち味は、半球形のボディ
なので、ゴトクなしで直に焚き火の上に置いても全く問題ない。
これが普通の平底鍋なら、火の上に乗せるにはゴトクが必要になる。
つまり荷物が増える。
その手間を嫌がり鍋を火の上に直置きすれば最後、ガタッとかしいでひっくり返り、
ディナーは台無し

その点、半円形のボディーは周囲を薪で囲うことで安定し、
燃え上がる薪によって熱せられ、要領よく素材を調理してくれるのだ。 

そして、柄にも注目。
中華鍋、北京鍋の柄は金属製で中が空洞。
その穴にすっぽり収まる長い棒を探し出し、即席の長柄としてはめ込んでしまおう。

キャンプ飯, アウトドア料理, 中華鍋

焚き火の熱や煙から一歩離れられる、長柄の中華鍋。
ここで大事なことは、柄の内郭よりも多少太めの棒を削った上で、強めに押し込むこと。
棒のつなぎ目が緩ければ、調理中にスッポリ抜けてディナーは台無し。
それが心配ならば、牛革製など耐熱性の手袋をはめて鍋を操るのも良い。

キャンプ飯, アウトドア料理, 中華鍋

中華の信条・炒め調理は言うまでもなく、フライパンのようなソテー調理はお手の物。
ダッチオーブンのようなじっくり煮込む調理は難しいが、パスタを茹でるには何ら支障はない。これで麺を茹でた上、具を加えてサッと炒めれば時間短縮というおまけ付き。
さすがに釜や飯ごうのようなフックラした飯を炊くのは難しいが、「炒め」が不可欠な米料理・パエリアやリゾットは中華鍋の信条を生かし、軽く芯の残るクリッとした加減に炊きあがるだろう。

食後の難関・鍋掃除 
鉄の持ち味で清潔にクリア

炒めあがったディナー。素材の持ち味がしみこんだ鍋肌。
だがディナーが終われば鍋肌の旨味は汚れとなる。
鍋掃除。水に乏しいアウトドアシーンでの難関だ。

キャンプ飯, アウトドア料理, 中華鍋

だから中華鍋。火中に投じてガンガンに熱する。
結果、油汚れは焼き落とされ、きれいな灰になる。
火からおろし、手で触れられる温度にまでゆっくりと冷ます。
その上でササラや木の葉を用いて、残った炭や灰をしっかり落とせば見事に再生、
少量の水を注いで流せば、使用前同然のきれいな鍋に生まれ変わる。 

万能調理器具・中華鍋。
その持ち味を、サイトだからこそ堪能したい。

写真・本文:角田陽一

Related

関連記事