家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

【ランタンは何を選べばいい?】キャンプ初心者なら手軽に扱える「LEDランタン」を「複数」用意するのがよい


キャンプ道具,キャンプ用品, LEDランタン,ランタン

皆さんこんにちは、初級者キャンパーのざる(@camp_bata)です。
キャンプは基本屋外で楽しむもの。当然夜になれば灯りが必要になります。夜に必要不可欠なアイテムといえば、そう!テント内やサイト内を明るくしてくれる「ランタン」です。

近年は災害時などにも重宝するアイテムとして、アウトドアをしないご家庭にも常備されているかもしれません。
「キャンプにランタンが必要な事くらい分かってるよ!」なんて言われてしまいそうなのですが、ひと口にランタンといっても種類は様々。種類もさることながら、「どんなものを買えばいいの?」なんて疑問もわいてきませんか?

先に結論を言ってしまうと、初心者にオススメなのは「LEDランタン」を「複数個用意する」ということかと思っています。

ランタンの種類は大きく分けて3つ

楽しいキャンプも日が暮れれば場内は真っ暗。そもそもキャンプ場内は照明が少ないため、管理棟やトイレなど以外は夜になれば足元も見えにくくなるほど暗くなる場合がほとんどです。逆に夜間でも明るいキャンプ場って聞いたことがありません。

そんなキャンプ場で必要不可欠なアイテムが「ランタン」。夜のキャンプサイトを明るくしてくれるだけでなく、使うアイテムやシーンによってはキャンプの雰囲気をより盛り上げてくれる事もあります。

まず、アウトドアシーンで利用するランタンには大きく分けて3種類存在します。

・ガソリン(灯油)ランタン
・ガスランタン
・LED(電池・バッテリー)ランタン

この3つの違いは、名称のとおり燃料の種類。この燃料によって扱いやすさや利用シーンが変わってきますのでざっくりと知っておくとよいでしょう。

・ガソリン(灯油)ランタン

ガソリンまたは灯油を燃料とし、「マントル」というものを燃やして灯りを発生させるランタンです。3種類のランタンの中でもっとも光量が大きく持続時間も長い。さらには見た目がお洒落なものが多く、雰囲気をアップさせるのにひと役買ってくれます。

ただし、「使用後のメンテナンスが結構重要」・「本体価格が1~2万円を超えるもが多い」など、初心者には手を出しづらい点も多いことがデメリットです。

・ガスランタン

ガス(液化石油ガス)を燃料とし、こちらも「マントル」を燃やして灯りを発生させます。光量はガソリンランタンと同程度かちょっと劣ります。アウトドアショップに行けば様々なアウトドアメーカーのOD缶(ガスカートリッジ)が販売されており、そのOD缶を取り付けて利用するのでガソリンよりは取り扱いが簡単です。

本体価格は数千円程度~とガソリンランタンに比べれば手の届きやすい部類に入りますが、「OD缶が専用品で高い」・「燃費がよくなくコスパに優れない」など、初心者がいきなり購入するにはちょっとハードルが高いような感じがします。

LEDランタン

最後にLEDランタン。電池もしくは充電式バッテリーを使用したもっともポピュラーで手軽に扱えるランタンです。ガソリンやガスに比べて光量は劣りますが、もちろん火を使わないので場所を選ばずに利用ができ、スイッチひとつで点灯するので子供でも取り扱いが簡単です。

本体価格も1000円台~と非常にお手頃。100円ショップなどでも見かけますよね。最近では大光量タイプも販売されていますが、そういったものは1万円前後になったり、少々高くなるものもあります。

LEDランタンをオススメするワケ

ざっくりとですが、ランタンの種類や特徴がなんとなく分かってもらえましたでしょうか。

ガソリンとガス。この2種類のランタンは光源に「火」を使うことから、テント内での使用はもちろん厳禁ですし、取り扱いにも注意が必要です。その反面、LEDランタンは電池やバッテリー式。面倒な準備は不要でスイッチひとつで点灯できるので取り扱いが非常に簡単。

LEDランタンの特徴として、

・すぐに使える
・大人でも子供でも取り扱いが簡単
・テント内外関係なく利用できる

そんな理由から、初心者キャンパーさんにオススメできるランタンは「LEDランタン」と言えるのではないでしょうか。

手軽に扱える「LEDランタン」をご紹介

「ガスやガソリンをセットしてマントルを空焼きして、使い終わったらじっくりとメンテナンスをして・・・」といったランタンにかける作業をのんびりと楽しめるようなベテランキャンパーに憧れがないわけではありません...。
しかし、まだまだ初級者であり小さな子連れキャンパーである我が家。キャンプアイテムは、自分も含め子供でも手軽に扱えるモノが優先されます。その為、我が家が持っているランタンは「LEDランタン」のみ。

前述のように、LEDランタンは取り扱いが楽で安全安心感があるモノ。そんな我が家が実際に使っているLEDランタンをいくつかご紹介します。

・電池式ランタン

キャンプ道具,キャンプ用品, LEDランタン,ランタン

こちらは電池式のLEDランタン。我が家で利用しているジェントスは単一電池を3本利用。

電池式のメリットは、ガソリンやガスランタンのように事前準備が必要なく、電池をいれてスイッチを押すだけですぐに使えること。また、もし自宅に電池を忘れてきてもコンビニやスーパーなどですぐに購入できるというのも高ポイントです。キャンプ場によっては売店で販売していることもありますよ。

キャンプ道具,キャンプ用品, LEDランタン,ランタン

こちらはスライド式で折り畳み可能なランタン。単三電池を3本利用。近所の雑貨屋さんにて300円で購入しました。明るさの調節はできませんが、値段の割にはコンパクトで軽く持ち運びにも便利。

これらのランタンは、主にサイト内を照らす役割として利用しています。ひとつでなく複数持っているのは、「複数あるほうがサイト内をまんべんなく明るくする事ができるから」

サイト全体をめちゃくちゃ明るくできるわけではありませんが、ロープなどにつまづく危険を回避する為に、多少なりとも足元が見える程度にランタンを複数設置しておくのがよいでしょう。

「大光量ランタンを使えばひとつでサイト内がとても明るいんじゃない?」と思われるかもしれません。しかし、あまりにも眩しすぎる光量だと他のキャンパーさんへの迷惑になる場合もあるため、ほどほどの明るさを複数個設置するのがいいかと思います。

・充電式ランタン

キャンプ道具,キャンプ用品, LEDランタン,ランタン

こちらのLEDランタンは、充電式バッテリー内臓タイプ。スマホなどと同様にUSBケーブルで充電できます。自宅で充電してくるのがいちばんですが、キャンプ場に向かう車内のシガーソケットから充電もできますし、電源サイトであればキャンプ場に着いてからでも充電もできます。

キャンプ道具,キャンプ用品, LEDランタン,ランタン

キャンプ道具,キャンプ用品, LEDランタン,ランタン

単三電池と比べてみても分かるように、コンパクトで持ち運びも簡単。充電さえしておけば、電池をいれる手間もなくスイッチを押すだけですぐに点灯します。

容量はタイプによって様々ですが、いざという時にはモバイルバッテリーとしてスマホの充電も可能。さらに、電源を押すごとに明るさの切り替えや点滅(SOS機能)したりもします。

これらは、主にインナーテント内やテント前室(リビング)に吊り下げて利用しています。
価格も1000円台~と入手しやすいのもいい点ですね。

・ヘッドライト

キャンプ道具,キャンプ用品, LEDランタン,ランタン

最後にLEDヘッドライト。これは100均で購入しました。電池式で単四電池を3本利用。

主にトイレやお風呂に行く時など夜の場内を歩く際に利用。家族分で4つ持っています。頭に取り付けなくても、首からぶらさげて使うこともできますし、暗くなってからバーベキューをするときなどの手元を照らす灯りとして重宝しています。

まとめ

初心者にオススメできるのは「LEDランタン」。そのワケが少しでも伝わりましたでしょうか。

我が家が毎回キャンプで利用するランタンは、少なくとも5個以上。テント内に2個、テント外に複数、各自でヘッドライト装備・・・など。

キャンプを始めた頃は2個程度しか持っていませんでしたが、やはり光量が足りない事を痛感しどんどん増えていきました。ソロキャンプならともかく、ファミリーキャンプでは複数のランタンを常備しておくことが良いかと思います。

ちなみに、ランタンは昼間のうちから準備・設置しておくことをオススメします。キャンプ場では、まだまだ明るいと思っていても意外と急に暗くなってくるもの。我が家もよくありましたが、暗くなり始めてから準備をしだすと、スマホの小さな灯りを頼りにランタンを荷物の中から探し出すハメに・・・ご注意ください。

これからキャンプをしたいけど、どんなランタンがいいのかなあなんて考えている方にちょっとでも参考になれば幸いです。次回は「知っていると知らないとじゃ大違い!!おさえておきたいキャンプ場のマナー」についてご紹介します。

▶キャンプや日常を綴るブログ「のざるん’ち」はコチラ

Related

関連記事