家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

テントマットのおすすめ8選!種類・選び方もご紹介


キャンプ キャンプ用マット

こんにちは、初級者ファミリーキャンパー「のざる(@camp_bata」です。
テントで寝泊まりする際、床に直接寝ることはありません。
キャンプ場の地面は土や芝生や砂利など様々です。寝袋に入るとはいえ、直接寝転がってしまうと背中が痛くなってしまいます。
寝袋と床の間に敷くキャンプマットがあるのとないのとでは、寝床の快適性が全く違います。
そこで今回は、テント内に敷くマットの効果的な使い方をご紹介します。

キャンプの寝床にテントマットは必須?

キャンプ テント

テントは地面の上に直接設置します。そのまま寝てしまうと地面の硬さや冷たさが直接体に伝わり、朝までぐっすり寝るなんてできません。そこで登場するのが「マット」です。

テントの中に敷くマットの役割は主に3つあります。

  1. 地面からの熱や冷気を防ぐ
  2. クッション性を高め体への負担を和らげる
  3. テントの床を保護する

この3つの役割を果たしてくれるのが、「銀マット」・「インナーマット」・「スリーピングマット」と呼ばれるマットです。

テントの底冷え対策「銀マット」

銀マットは、片面に銀色のアルミシートが貼ってあるマットです。100均やホームセンターなどで手軽に手に入りますが、高くても1,000円~2,000円程度で手に入るのでクッション性を高めるためにも厚みのあるものを選ぶのがオススメです。

銀マットはクッション性を高めて体への負担を和らげる効果もありますが、どちらの面を上にするのがいいのかご存知ですか?

夏場の暑い季節は、アルミの部分を地面側に敷きます。これは地面からの熱を反射する遮熱効果が期待でき、熱を体に届かないようにしてくれます。

反対に冬場の寒い時期はアルミの部分を背中側に敷くことにより背中からの熱を反射して熱を逃さなくなるので、保温性が高まり暖かくなりやすくなる効果が期待できます。

キャンプ 銀マット 折り畳み

銀マットにはジャバラタイプとロールタイプがあります。

ロールタイプは収納時に丸める必要があり、広げた時に丸いクセがついているので少し敷きづらくなってしまいますが、コンパクトになりやすいので持ち運びしやすいというメリットがあります。

ジャバラタイプは折り目に沿って畳むだけで広げやすいので敷きやすく、収納時には円形よりも四角形の方がデッドスペースを減らすことができます。しかし収納サイズが大きくなりがちな為、収納スペースを多くとる場合もあります。

キャンプ マット

ちなみに我が家では、ジャバラタイプの銀マットを使っています。

テント内のマット敷きは子供たちに任せていますが、子供たちは以前は丸まったマットをキレイに伸ばすのがなかなかうまくいきませんでした。ジャバラタイプに変えてからは簡単に広げる事ができるようです。

どちらを選んでも銀マットとしての効果は同じですので、ご自身で使いやすいタイプを選んでみてください。

「インナーマット」で快適に


出典:Amazon.jp

寝床をより快適にするために、銀マットの上にはインナーマットを敷きます。インナーマットを敷くメリットは、銀マットだけでは防ぎきれない地面の凹凸を和らげ、さらに地面からの冷気や熱を遮断してくれます。

インナーマットはテントに付属していないため、自分で用意する必要があります。テントにピッタリ合うメーカー純正の専用品を選ぶのが一番です。テントの床面積にピッタリ合うサイズで作られているので隙間ができずに快適な寝床を作りやすくなります。

しかし、純正品は価格が高いのがネックです。必ずしも純正品を使う必要はありませんので、テントのサイズに近いものを選んだり、自分でカットしてサイズを合わせるカスタムをしてみてもいいかもしれませんね。

寝心地を高める「スリーピングマット」


出典:cabinet

インフレータブルマットは自宅の布団で言う「マットレス」のような位置づけです。

このマットはバルブを開けば自動で膨らむ作りになっていて、中にはウレタンなどクッション性のあるフォームが仕込まれています。厚さ2cm程度のものから10cmを超えるものまで種類は様々ありますが、このマットを使う事により地面の凸凹を気にする事のない寝心地を実現する事ができます。

デメリットは、畳むのが手動であり穴が開いてしまうとダメになってしまうこと。
空気をきちんと抜かないと収納袋に入れづらくなることもあるので、この作業が少々面倒に感じることがあります。また、1ヶ所でも破れて穴が空いてしまうと使えなくなってしまうので注意が必要です。

ですがテントでの睡眠を快適にしてくれるマットですので、自分のキャンプスタイルや体に合うマットを探してみてください。

テントマットの選び方をご紹介!


出典:photoAC

テントマットといえど、種類がたくさんあり、どれが自分に適しているかわからないですよね。そんな時は、まずこれから紹介する3つのポイントを把握して、選ぶようにしてみてください。選択の幅が狭くなり、自分にぴったりのテントマットが見つかるかもしれません。

使用人数を把握して選ぼう

まずは、使用する人数です。ソロなのか、ファミリーなのかによっても大きく異なってきますよね。ファミリーであれば、ある程度の大きさのものが必要になります。ソロサイズタイプのものをいくつか組み合わせるのも手かもしれませんが、組み合わせることで隙間が多く出来てしまうのはあまりよくありません。どうしても空気の逃げ場が出来てしまう為、保温効果が下がってしまいます。特に、朝晩などが冷え込む時期のキャンプなどでは、マットを重ねて対策するなど、注意をするようにしましょう。

好みの厚さのマットを選ぼう

快適な睡眠をとるためには、やはり自宅の寝床と同じような厚さのマットだと安心するのではないでしょうか。マットは好みの厚さを選ぶのがやはり一番です。そして、銀マット➡インナーマット➡スリーピングマットといったような重ね使いをすることで、断熱性も上がり、快適な寝床空間となるでしょう。
まずは、手軽に用意できそうな銀マット、インナーマットなどを購入し、寝心地や断熱性を感じてみてから、スリーピングマットで調整してみるのもよいと思います。銀マットひとつにしても、商品によって1㎝以上の厚みの違いがあります。トータル的な厚みを考えて、購入をするようにしましょう。

使用する場所の環境から選ぼう

自分たちがよく利用するキャンプサイトを想像してみてください。
キャンプ場の立地条件は、芝生、河原、森など様々です。地面のコンディションによっても、適切なマットは異なってきます。芝生などであれば、あまり凹凸もない為、厚みはあまり考える必要がなくなります。ただし、河原など凸凹が多い場所では、分厚く凸凹を軽減してくれるマットが必須になってくるかと思います。使用する場所の環境を理解し、無駄のないマット選びをしたいものですよね。

種類別!おすすめのテントマット8選!

テントマットのおすすめ商品をいくつかご紹介します。先程、紹介したテントマットの選び方を参考にしつつ、チェックしてみてください。

【インナーマット】おすすめテントマット

ロゴス(LOGOS) 断熱防水ソフトマット・195/ヴィンテージストライプ 71809750

ロゴスの特徴であるストライプ柄が目を惹くインナーマット。表面は起毛で暖かく、裏面は断熱・防水仕様で安心して使用できます。

▲商品詳細

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)テントフロアマット260×260 M-3305

260㎝四方の大きめなインナーマット。大きめなので、ファミリーテントにも最適です。ふかふかな印象で、地面の凹凸を吸収してくれそうです。

▲商品詳細

ロゴス(LOGOS) インナーマット テント ぴったり 防水マット・XL 71809605

こちらもファミリー用の260㎝四方のサイズ。表面は水拭きしやすいポリエステル生地、内部には地面からの冷気を和らげる発泡ポリウレタン、裏面には湿気を遮るPVCシートを使用した快適3層構造となっており、機能性を重視したマットとなっています。

▲商品詳細

【スリーピングマット】おすすめテントマット

クイックキャンプ (QUICKCAMP) 極上インフレータブルベッド 10CM 極厚 シングル QC-AM70

キャンプでも最高の寝心地が味わえる極上マット。表はストレッチ性のある生地で、中材は厚さ10㎝の肉抜き加工されたウレタンを採用。この組み合わせにより、横たわればふかふかで体が包み込まれるような寝心地を作り出しています。

▲商品詳細

ロゴス(LOGOS) 高密弾力 55セルフインフレートマット・SOLO 72884170

すぐれたクッション性で快適な寝心地。バルブを開ければ自動で空気が注入されるので準備も楽々です。表はやさしい色味のグリーン、裏はあたたかみのあるブラウンのリバーシブルデザインなので、気分によって使い分けも楽しめます。

▲商品詳細

サーマレスト(THERMAREST) Zライト R 30302

最もコンパクトで軽量なクローズドセルパッド。装備の軽量化に特化したアイテムになります。例えば、バイク移動や電車移動でキャンプへ行く方は、極力荷物も減らしたいですよね。そんな方におすすめです。

▲商品詳細

クイックキャンプ (QUICKCAMP) 車中泊マット 8CM 極厚 シングルサイズ QC-CM8.0

ボタンを留めることで2枚を連結して使用することも可能。大型車での車中泊にぴったりな大き目のサイズです。フルフラットシートに収まるジャストなサイズ感で、急な宿泊でも快適な寝心地です。8cm厚のウレタンがしっかりと体を支えてくれて、凸凹から身体を守ってくれます。

▲商品詳細

ロゴス(LOGOS) エアライトマット ポンプ内蔵 72884410

ポンプ内蔵で、空気入れは、足で踏むだけといった簡単設営が可能。約1分で寝床が完成します。重さも約540gとペットボトル1本分。収納もコンパクトな手のひらサイズのマットです。

▲商品詳細
ブランド名 ロゴス(LOGOS) キャプテンスタッグ ロゴス(LOGOS) クイックキャンプ (QUICKCAMP) ロゴス(LOGOS) サーマレスト(THERMAREST) クイックキャンプ (QUICKCAMP) ロゴス(LOGOS)
製品名 断熱防水ソフトマット・195/ヴィンテージストライプ 71809750 テントフロアマット260×260cm M-3305 インナーマット テント ぴったり 防水マット・XL 71809605 極上インフレータブルベッド 10cm 極厚 シングル QC-AM70 高密弾力 55セルフインフレートマット・SOLO 72884170 Zライト R 30302 車中泊マット 8cm 極厚 シングルサイズ QC-CM8.0 エアライトマット ポンプ内蔵 72884410
製品画像 ロゴス(LOGOS) 断熱防水ソフトマット・195/ヴィンテージストライプ 71809750 インナーマット テントフロアマット260×260cm M-3305 インナーマット テント ぴったり 防水マット・XL 71809605 クイックキャンプ(QUICKCAMP) アウトドア 寝具 極上インフレータブルベッド 10cm 極厚 シングル カーキ QC-AM70 ロゴス(LOGOS) 高密弾力 55セルフインフレートマット・SOLO 72884170 Zライト R 30302 エアライトマット ポンプ内蔵 72884410
サイズ 幅145×奥行195cm 260cm×260cm×厚さ7mm 幅260×奥行260cm 幅198×奥行65×高さ10cm 幅65×奥行190×高さ5.5cm 51×183cm 約201×70×8cm 185×52×10cm
収納サイズ 直径13×高さ38cm 外径35×長さ68cm 直径28×長さ50cm 77×Φ25cm 直径17×高さ61cm - 約20×65×20cm 10×10×28cm
重量 740g 2.1kg - 2.6kg 2kg 410g 約2.5kg 540g
素材 [表 地]ポリエステル
[裏 地]ポリエチレン(アルミ蒸着)
[クッション材]ポリエチレン(2mm)
カバー:ナイロン
内部:発泡ポリウレタン
[表面]ブリーザブルポリエステル
[内部]発泡ポリウレタン
[裏面]PVCシート
生地:ポリエステル(TPUコーティング)
中材:PUフォーム
ポリエステル
ポリウレタンフォーム
- 表地:75Dポリエステル
裏地:75Dポリエステル ドット滑り止め加工
ナイロン(TPU)、PU
販売価格(税込) 4,730円 9,000円 11,990円 11,000円 8,250円 6,160円 5,280円 11,990円

まとめ

キャンプ テント キャンプ用マット

テントの中に敷くマットは1枚だけでなく、組み合わせて使うのが基本です。厚みのある銀マットだけでも寝ることはできますが、さらにクッション性の高いマットを組み合わせて使えば体への負担を和らげる事ができます。

キャンプは楽しいけど、疲れる事も多いもの。翌日になるべく疲れを残さないよう、快適な寝床作りも重要です。今回の記事を参考に、ご自身の体に合った気持ちの良い寝床を作ってみてください。

▶キャンプや日常を綴るブログ「のざるん’ち」はコチラ

商品コード: 4981325536565
4,730  (税込)
・ 表面は起毛で暖かく、裏面は断熱・防水仕様で快適安心。 ・ Q-TOPフルシェード対応サイズ。 ・ 帆布製ホルダー付き。 【商品スペック】 ● 総重量 : (約)740g ● サイズ : (約)幅145×奥行195cm ● 収納サイズ : (約)直径13×高さ38cm ● 主素材 :...
商品コード: 4976790733052
16,500  8,100  (税込) 51%OFF
地面の凹凸を吸収し、冷気の伝わりをさえぎるマット。テントでの宿泊にはこれが欠かせない。 【商品スペック】 ● サイズ : (約)260cm×260cm×厚さ7mm ● 重量 : 約2.1kg ● 材質 :  カバー:ナイロン  内部:発泡ポリウレタン ● 収納サイズ :...
商品コード: 4981325448141
11,990  (税込)
サイズ:(約)幅260×奥行260cm 収納サイズ:(約)直径28×長さ50cm 素材:[表面]ブリーザブルポリエステル    [内部]発泡ポリウレタン    [裏面]PVCシート ●XLサイズテント用インナーマット
商品コード: 4580484515819
11,000  (税込)
まるでベッドで寝ているような寝心地 アウトドアでも快適な睡眠を...
商品コード: 4981325531263
8,250  (税込)
超厚55mmで寝心地抜群!自動で膨らむリバーシブルマット。 厚さ55mmと、従来モデルよりも厚みが増したセルフインフレートマットは、すぐれたクッション性で快適な寝心地。 バルブを開ければ自動で空気が注入されるので準備も楽々。...
商品コード: 0040818023020
6,160  (税込)
最軽量クローズドセル パッド 最もコンパクトで軽量なクローズドセル パッド。 上面はよりソフトで快適に、逆に地面側は固い素材で耐久性アップ。 そして、僅かながら軽量化に成功。 装備の軽量化、丈夫で長持ち、何処でも快適に使えるマットレスを望む人々のベスト・チョイスです。 【商品スペック】...
商品コード: 4580484514188
5,280  (税込)
●展開サイズ:約201×70×8cm(ボタン部分含む) ●収納サイズ:約20×65×20cm ●重量:約2.5kg ●素材:表地:75Dポリエステル、裏地:75Dポリエステル ドット滑り止め加工 車中泊キャンピングマット 8cm...
商品コード: 4981325499846
11,990  (税込)
ポンプ内蔵型マット!足で踏んでラクラク空気注入! ■ポンプ内蔵で空気入れは足で踏むだけ。超軽量のコンパクトマットです。 ■およそペットボトル1本分の重さで手のひらサイズの、超軽量コンパクトマット。 ■持ち運びに便利な収納バッグ付き。コンパクトに収まります。 【商品スペック】 ●...

Category

おすすめカテゴリ

Brand Pickup

ブランドピックアップ

Related

関連記事