家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

テントの大切な土台 それがペグ


キャンプ用品, ペグ, キャンプ初心者

テントにタープ、もろもろのグッズを携えていざサイトに繰り出す。

早速の作業は、テントを立ち上げること。昨今のモデルは折り畳み式のポールを差し込んで湾曲させれば、弾力によってテント本体が立ち上がる。1人用のコンパクトテントも、2ルームのドームテントも、みな同じ構造だ。アメリカインディアンの伝統テント・ティピをモチーフとしたワンポールテントは、内部から一本の太いポールで持ち上げて立ち上げる。

だが、テントは軽い。軽いから、そよ風でも吹けば簡単に吹き飛ばされてしまう。そんな悲劇を防ぐためには「土台」が欲しい。だからこそ、ロープで張ってペグを打ち込む。今夜の宿・テントの欠かせない土台こそがペグだ。しっかり地面につなぎ止めて、安心してディナー&快眠を楽しめる。今回は、ペグの種類にこだわってみたい。

ペグの素材はやっぱり 
鉄製がベスト

現在、市場に出回っているペグには鋼鉄製 アルミ製 プラスチック製がある。その中では、やはり鋼鉄製に勝るものはない。整備されたキャンプ場の芝土のサイトなら、プラスチック製でも簡単に地面に突き刺さる。だが、踏み固められた土のサイト。あるいは整備されていないサイトの地面ではとても歯が立たない。やはりペグは金属製のものを選びたい。整備されたキャンプ場のみ使用する人でも、メーカー製テントの備え付けプラスチックペグに加えて金属製ペグを加えれば、テントがより一層丈夫になる。

さて、金属製のペグにはアルミ製と鍛鉄製がある。性能から言えば、鍛鉄製に勝るものはない。硬い土であってもしっかり刺さり、ペグハンマーの打撃にも耐えうる。その分高価なので、ペグをすべて鍛鉄製にするのも難しい。そして鉄製なので、重い。要所要所に取り混ぜて使うのがいいだろう。

鍛鉄製のペグは虫ピンに似た形状なので、ピンペグとも呼ばれる。大地にしっかり打ち込めるが、その分、抜けやすい。そのため断面がU型、V型、さらに発展して断面がÝ型、X字型のモデルもある。大地をしっかりとらえて安心&安全。しかも、これらの形状のポールは軽量なアルミやジェラルミン製のものもあり、鍛鉄製のピンポールに比べて軽くて安価だ。だが、複雑な形状だからどうしても泥がつきやすい。帰宅後の水洗いが必須だ。

キャンプ用品, ペグ, キャンプ初心者

写真右は、アルミ製のV字型ペグ
左側は鉄製のピンペグ

鍛鉄製とはいかないが、ある程度整備されたサイトなので、これで充分。

▲商品詳細
▲商品詳細

ペグを打ち込むには 
字面と60度の角度で

キャンプ用品, ペグ, キャンプ初心者

さて、ペグはどのように打ち込めばいいのだろうか。
テントの地面に接する部分に取り付けられたタグに差し込み、地面に打ち込む。
テントのシートに付けられたリングにガイライン(張り綱)を通し、もう一方をあらかじめ地面に打ち込んだペグにつないで長さを調整する。これでテントは地面に固定され、シートもピンと張られ、テントはキリっと立ち上がる。

ここで大事なことは、「テントの外側に向かって、45度から60度の角度」に打ち込むこと。
そして、地面まで完全に打ち込んでしまわず、3cmほどは打ち込み残すこと。仮にテントの内側に向けて打ち込めば、テント本体に風が吹きつけるなどすれば簡単に抜けてしまう。

ペグを打ち込むには 
専用の金属製ハンマー

キャンプ用品, ペグ, ペグハンマー

ペグを打ち込む道具にも注意。
プラスチックペグを備えたメーカー製品なら、プラスチック製のハンマーも同時に備えている場合が多いだろう。だが、プラスチック製ハンマーは軽くて威力がない。もろいプラスチック製ペグに合わせた強度なのだろうが、心もとない。かならず、写真左側のような専用のハンマーも用意したい。左側のペグハンマーはスノーピークの製品。握りやすく使い勝手よく、キャンパーには最も人気の品だ。

キャンプ用品, ペグ, ペグハンマー

ペグハンマーの用途は、もちろんペグを打ち込むこと。打つ込む際は体を「ペグの傾きと反対側」に置いてハンマーを振るえば、無理な姿勢を取ることなく楽に打ち込める。つまり、写真の体勢は悪い見本だ。写真モデルとは反対側に体を置いて、ペグを打ち込みたい。

▲商品詳細

ペグを引き抜くには 
専用の金属製ハンマー

キャンプ用品, ペグ, ペグハンマー

ペグハンマーの用途は、ペグを引き抜くこと。ハンマーを貫通する穴にペグの先端部を差し込んで引き抜く。あるいはハンマーの先端部全体をテコのように利用してもいい。
いずれも、プラスチックハンマーにはできない芸当だ。

一本で、キャンプシーンははるかに簡便、快適に
金属製ペグとペグハンマーはぜひ揃えたいグッズだ。

キャンプの悲劇は 
ペグの足ひっかけ

キャンプ用品, ペグ, キャンプ初心者

さてテントの土台として不可欠のペグだが、同時に危険因子でもある。夜間は足元に注意しなければ、ペグやガイラインに足を引っかけ転倒する事故に巻き込まれかねない。特に、テントの周りではしゃぎまわる子どもが巻き込まれ、楽しい思い出をトラウマにしかねない。

そんな悲劇をさけるために、ペグの基部やロープには何らかの目印を備えたい。
最近は

・電池内臓で光るペグ
・蛍光色で光るガイライン
・ペグ周りに設置できる、目印用アクセサリー

 などがある。

ひっかけ事故が発生しやすいテント入り口付近に配置するなどして、楽しい思い出を残したい。

商品コード: 4580484515444
3,680  (税込)
軽くて丈夫なアルミ製 30cmサイズペグ8本セット 強度の高いX構造ペグ ペグの材質には普通のアルミ素材ではなく、航空機機構の主力部にも使用されている「7A04アルミ合金」を採用し、更にアルミ合金の中でも強度の高い材質となっております。...
商品コード: 4580484515420
2,990  (税込)
軽くて丈夫なアルミ製 20cmサイズペグ8本セット 強度の高いX構造ペグ ペグの材質には普通のアルミ素材ではなく、航空機機構の主力部にも使用されている「7A04アルミ合金」を採用し、更にアルミ合金の中でも強度の高い材質となっております。...
商品コード: 4960589162741
6,820  (税込)
●ヘッド : 銅・スチール(黒電着塗装) ●柄 : かしの木 ペグ専用という概念を作ったプロ仕様ハンマー。 ペグハンマーは、タープやテント設営時などにペグを確実に打ち込むために開発された、専用ハンマーです。 鍛造で仕上げた頑丈なヘッド。...

Category

おすすめカテゴリ

Brand Pickup

ブランドピックアップ

Related

関連記事