家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

ファミリーキャンプの参考に! 1泊2日のスケジュールを紹介


キャンプ初心者, ファミキャン, キャンプ

みなさんこんにちは、初級者ファミリーキャンパー「のざる(@camp_bata)」です。
1泊2日のスケジュールが多い我が家のキャンプですが、長いようであっという間に時間が過ぎていきます。
細かくスケジュールを組む必要もありませんが、ざっくりとスケジュールを決めておけば動きやすいもの。
今回は、キャンプ場でのおおまかなスケジュールをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

前日の準備が大切

キャンプ初心者, ファミキャン, キャンプ用品

キャンプの準備は、出発前日から始まっています。出発当日の朝をスムーズに過ごすために、できることはなるべく前日のうちに済ませておきたいもの。
可能であれば、食材の準備や買い出しなどを済ませておけると、当日は時間にゆとりが生まれます。
そうは言っても、仕事や学校などで忙しく、全ての準備を済ませることは困難です。
できるなら荷物の積み込みまで全てやってしまいたいところですが、夜にガタガタと荷物を搬入するとご近所迷惑になることも。

そこで、最低限やっておきたい準備がこちら。

・着替えなどの衣類やタオル、アメニティグッズなど身の回りの物
・キャンプ場代金や免許証など所持品のチェック
・カーナビの設定

特に初めて行くキャンプ場ならば、カーナビの設定をしておくと便利です。おおよその移動時間もわかりますし、出発前にバタバタと設定する必要もありません。
意外と見落としがちなのが所持金の確認や、ETCカードのセット。
「お財布忘れた!」「お金が足りなかった!」などならないように、気を付けましょう。

1泊2日のキャンプ例

キャンプ初心者, ファミキャン, キャンプ

以前の記事で「スケジュールは細かく決めすぎず、ゆるく考えよう」といった内容をご紹介しました。
そうは言っても、ある程度のスケジュールはたてておきたいものです。

まずは我が家のキャンプスタイルを挙げていきます。

・大人2人、小学生1人、保育園児1人の4人
・自宅からキャンプ場まで車で1~2時間程度(高速道路は使わない)
・サイト内に車を停められるオートキャンプ場
・ご飯はお弁当やカップ麺など手軽なもの多め
・12:00チェックイン、10:00チェックアウト

この場合のスケジュールはおおまかにこんな感じ。

<1日目>

6:00 起床
9:00 出発
12:00 キャンプ場到着
13:00 設営
16:00 夕ご飯の支度開始
17:00 夕ご飯開始
18:30 片付け
19:00 焚火開始
21:00 焚火消化、片づけ
22:00就寝

<2日目>

6:30 起床
7:00 朝食
8:00 撤収開始
9:30 片付け完了
10:00 チェックアウト
13:00 自宅着~片付け

もちろん状況によって変わります。
では、どんな感じで行動しているのか詳しくご紹介していきます。

※あくまでも我が家の一例です。

1日目

◇6:00 起床◇

おはようございます。
子供達よりも先に起き、自分の身支度と荷物の積み込みを開始します。自分の支度が終わっていれば、子供たちの支度や相手もしやすくなるもの。
早起きはちょっとツライですが、ひと踏ん張りします。
だいたい7:00~子供たちが起きてくるので、そこから朝食や身支度。最終的な荷物の積み込みや忘れ物がないかチェック。

◇9:00 自宅出発◇

渋滞が予想される場合もあったり、途中買い出しもするので、少し早めに出発します。
だいたい9:00を目安にはしていますが、なんだかんだで9:30頃になることも多いのです。
買い出しのスーパーを事前に決めておき、営業時間を確認しておきましょう。
早く着きすぎると「まだオープンしてない」なんてことも。

◇12:00 キャンプ場到着◇

チャックインの時間はよく確認しておきましょう。早く着きすぎても遅くなりすぎていけません。
予期せぬ渋滞などであまりにも遅くなるようなら、必ずキャンプ場に連絡を入れます。
チェックイン後、サイトに移動し、荷物を降ろして昼食です。
いつもお弁当やカップ麺で済ませています。 

◇13:00 設営開始◇

昼食後、テントの設営や荷物をセッティングします。
日差しが強く暑ければ、昼食前にタープだけ設置して日影を作ることも。
設営が終われば、しばらくは自由時間です。
おやつを食べたり、ハンモックで寝たり、本を読んだりなど、自由気ままに過ごします。

◇16:00 夕ご飯の支度開始◇

夕ご飯の内容にもよりますが、早めに支度を開始します。
バーベキューの炭火起こしは意外と時間がかかるもの。
また、炊事場が混み始める前にお米を研いだり野菜を切ったりするとスムーズです。

◇17:00 夕ご飯開始◇

日が落ちて暗くなるのは意外と早いもの。お肉を焼くのも時間がかかるので、早めに夕ご飯を食べ始めます。
ゆっくりお肉を焼きながら、炊きたての白いご飯をほうばる。
炭火で焼くと、やっぱり美味しいですよね!

◇19:00 焚火開始◇

ざっくりと夕ご飯を片付けたら、そのまま焚火タイムに入ります。
ランタンは明るいうちに準備。ヘッドライトを装着し、マシュマロを焼いたりして過ごします。
ゆらゆら揺れる炎をみてるとウトウト・・・zzz

◇21:00 焚火消化~就寝準備◇

多くのキャンプ場は22:00消灯。焚火も鎮火するのに時間を要すため、21:00頃には切り上げます。
もちろん、きちんと消えるまでは火の側を離れないようにしましょう。
使わない道具は片づけ、サイト内を整理整頓。

◇22:00 就寝◇

消灯時間にはテント内に入り、おやすみなさい。
もちろん興奮して寝られないこともあります。明かりは最小限にし、周囲に迷惑がかからないよう静かに過ごしています。

2日目

◇6:30 起床◇

目覚ましをかけているわけではありませんが、目が覚めてしまいます。
早い時は5:00頃に目覚めることも・・・。
まだ寝ている人も多いので、静かにお湯を沸かしてコーヒータイム。
そのうち子供達も起きてきます。 

◇7:00 朝食◇

朝食は菓子パンやカップスープなど、簡単にできるものが多め。寒い時期にはホットサンドをすることもあります。
朝食後はしばらく休憩し、着替えたりしながら過ごします。

◇8:00 撤収作業開始◇

我が家はのんびりゆっくりと片づけるので、片づけ始めが早い。
パパーっと1時間くらいで片付けできればいいのですが、どうにも苦手。
テントを干しつつ、コーヒーブレイク。シュラフを詰めたら一休み・・・といった感じで、のんびり片づけていきます。
子供達にも手伝ってもらいながら進めますが、「長女の仕事は次女の面倒」と割り切っているので、主に夫婦で片づけます。
もちろん子供たちからは目が離せないので、姉妹でDVDを見たりしながらサイト内にいるようにしてもらっています。 

◇9:30 撤収完了◇

チェックアウトの30分前には片付け完了するように心がけています。
ギリギリになるとあわただしくなってしまい、チェックアウト時間を過ぎるとキャンプ場にも迷惑をかけてしまうので。
どうしても過ぎてしまいそうなら、キャンプ場に相談します。
撤収が早く終われば、テーブルとイスだけ残し、チェックアウト時間までサイトで休憩。

◇10:00 チェックアウト◇

サイト内をきれいにして、キャンプ場を出発。
ちょっと寄り道してご飯を食べたり、買い物をしてお弁当を買って帰ることもあります。

◇13:00 自宅到着◇

自宅に着いたら、まずは洗濯機を回します。その間に、子供たちは先にお風呂に入ります。
荷物をおろしたりして片付け作業。乾ききらなかったテントを干したり、ボックス内の整理をしたり。
キャンプは楽しいものですが、まったく疲れないわけではありません。
我が家の子供たちは疲れがたまると熱をだしやすいので、なるべく疲れを残さないよう早めに帰宅し、ゆっくりするように心がけています。

まとめ

キャンプ初心者, ファミキャン, キャンプ, 焚火

我が家の例ですが、参考になりましたでしょうか。
キャンプは自由な時間を楽しむもの。アクティビティを楽しんだり、凝った料理に時間をかけることができるのも魅力の一つです。
そうはいっても、1泊2日はあっという間です。
スケジュール通りにいかなくても気にせずに、のんびりとキャンプを楽しんでくださいね。

▶キャンプや日常を綴るブログ「のざるん’ち」はコチラ

Related

関連記事