家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

これがアウトドアの基本!テントの立ち上げ方


 キャンプ初心者, テント

キャンプの基本はまずテント。
ランタンに焚き火台、はたまたテーブル。
どんなに見た目が良くて機能性がいいグッズを供えたとしても、今夜の宿が定まらないことには始まらない。 

そんなテントの建て方を解説してみたい

設営前に 場所を見極めよう

だがその前に、
テントを立ち上げる前に必要なこと。
快適な場所を見極めることだ。
撮影地は河川敷の芝生。
土も草も柔らかい。
気候がいい時期ならば、その場でごろ寝するに限るだろう。
こんなベストポイントでも、小石や小枝の類はひとつふたつは転がっているもの。
そのままテントを設営して寝ころんだが最後、背中にゴツリと響いて安眠妨害このうえない。 

設営地はしっかりチェックして、それら障害物の類はしっかり取り除くこと!

2本ポールの 基本的ドームテント

今回モデルとして使用するのは、icamp(アイキャンプ)のソロテント。

■製品ページはこちら

完成時のサイズは幅約215cm × 奥行約100cm × 高さ約110cm
収納時サイズ:約45cm × 15cm× 15cm
重量は1.6㎏程度で、軽量かつ運びやすい。

 キャンプ初心者, テント

まず収納バッグを開けて中身一式を確認

 キャンプ初心者, テント

テント本体となるフライシートに、ポール、ペグのそれぞれケース
左上の布は、天窓を覆う布だ。 

まずフライシートを広げる。
フライシートの表面にはX状に「ポールを差し込む穴」が穿たれている。ここにポールを差し込み、弾力に任せて組み上げるのだ。

 キャンプ初心者, テント

まず、折りたたまれたポールの部位をつなぎ合わせれば、長さ2mほどの2本のポールとして完成する

 キャンプ初心者, テント

これを、広げたシートにX状に差し込む
ポールを差し込む際に注意すべきことは、必ず「押し込む」こと
押し込んだ後に浮気して「引っ張」れば、連結したはずのポールが差し込み穴の中でバラバラに分解してしまい、収拾がつかなくなるからだ。

 キャンプ初心者, テント

無事に2本とも差しこめば、X字型になる。
さて、これからが本番。
ポールは、ちょうどシートの四隅の対角線上を通っている。
そしてシートの対角線そのものは、ポールより短い。
シートの四隅にある専用の穴にポールを差し込めば、より短いポールは曲がる、湾曲する。
その湾曲でもって、テント本体を立ち上げるのだ

 キャンプ初心者, テント

湾曲するポールが 構造の基本

まず、ポールの片側をシートの穴に差し込む
ここまではカンタン。

 キャンプ初心者, テント

続いて、ポールを湾曲させ、もう一方の先端をもう一方のシートの穴に差し込む。
ソロでの作業ならば、けっこうコツがいる。一度に行わず、片側ずつ丁寧に嵌めるのが大事。

こうして、テントが立ち上がる。

 キャンプ初心者, テント

あとは四隅をペグで地面にしっかり固定

 キャンプ初心者, テント

さらにテント本体から延びるロープにペグをつないでさらに固定

これで基本は完成だ。

このモデルは、メインの入り口以外に小さな裏口付き。
夏季は両方を開けることで涼風が通る
メッシュで防虫もぬかりない。

もちろん、すべて閉めれば快適保温!
天窓部分も覆えば、大切な暖気が逃げ出さない 

あとは中に本マットを敷き、寝袋を敷いて今夜の宿が出来上がる。
このモデルは、枕元に小物入れバッグ、四隅のひとつには電気コードの引き込み口つき
ユーザーの夜の楽しみにも配慮してくれるうれしい設計だ。

 キャンプ初心者, テント

以上、ソロテントの建て方。
数人が楽に寝られるテントであっても、ドーム式ならば設営方法に変わりない。

Related

関連記事