家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

花粉症がツライ! 暖かい春のキャンプでは花粉症対策を忘れずに


春キャンプ ,花粉症, キャンプ初心者

みなさんこんにちは、初心者ファミリーキャンパー「のざる(@camp_bata)」です。

寒い冬を越え暖かくなり始める3月以降、キャンプに気持ちの良い季節になります。
しかし、悩まされるのが『花粉症』。鼻水がツラいけどキャンプには行きたい!
キャンプでもできる、花粉症の基本的な対策をおさらいしておきましょう。対策しているつもりでも、意外と見落としているかもしれませんよ?

暖かい春、キャンプに行きたいけど花粉が大量に飛び始める季節

春キャンプ ,花粉症, キャンプ初心者
出典:PAKUTASO

暖かい春に向けてキャンプを楽しみにしている方は多いと思います。

しかし、そこに立ちはだかるのが『花粉症』!筆者も子供のころから重度の花粉症で、毎年この時期になると悩まされます。
毎年のことなので対策はしていますが、盛り上がるキャンプ場ではついつい忘れがちです。

基本的なことではありますが、筆者が日常生活やキャンプで実践している花粉症対策をご紹介していきます。

花粉がよく飛ぶ条件を知っておこう!天気予報チェックは忘れずに

春キャンプ ,花粉症, キャンプ初心者
出典:PAKUTASO

花粉症が飛びやすい条件というのがあることをご存知ですか?
「良く晴れた日・曇りの日・前日に雨が降った日・日中の最高気温が高い日・乾燥している日」
といったことが挙げられます。

正直、寒くて雨の日以外は花粉が飛びやすいと思った方が良いかもしれません。
花粉症の対策は気候に関係なく日々実践しておくことが大切ですが、飛びやすい日があるということを知っておくと対策もしやすいかと思います。

対策その1 薬を飲むこと!ただし飲むタイミングには注意が必要

春キャンプ ,花粉症, キャンプ初心者

花粉症といえば、鼻水や目のかゆみを思い浮かべるかと思います。

まず実践する対策といえば、目薬や飲み薬を服用することでしょう。症状には個人差があるので一概には言えませんが、市販薬で十分な人もいれば、病院で処方してもらわないとダメだという人もいるでしょう。

ちなみに筆者は病院で一番強い飲み薬を処方してもらっています。
ただ薬を飲めばいいというわけではなく、症状が出る前から飲み始めるのがいいとされています。本格的な花粉症シーズンは2月中旬頃から始まってきますが、筆者は早いと1月から飲み始めています。

ニュースなどで今年は花粉が多いとか少ないとか発表されますよね?その予報を目安にして病院へ行く時期を決めています。

キャンプに行く際も薬を持参して飲みますが、車の運転がある場合は眠くなったりしないかも注意が必要です。花粉症に限らず、薬の副作用で眠くなったりするものがあります。
飲む薬の副作用をよく確認し、もし眠るなど車の運転に支障がでそうな場合は飲むタイミングに気を付けてください。

対策その2 マスクは必須!帽子やメガネを着用すると効果的

春キャンプ ,花粉症, キャンプ初心者
出典:PAKUTASO

花粉症対策にはマスク必須です。

「マスクを着けるなんて当然!」と思われるでしょうが、着用するだけでなく複数枚用意してこまめに交換するのがおすすめです。
キャンプでは長時間屋外で過ごします。マスクは花粉を防いでくれますが、同じマスクをずっとつけていると花粉がくっつきますし汚れてもきます。
不織布の使い捨てマスクを複数枚用意し、取り換えることも効果的です。例えば、食事の時やお風呂の後などのタイミングだと交換しやすいかと思います。

ちょっと息苦しくなりますが、マスクを重ねて使うのも効果的です。内側はポリエステルなどの少し通気性が良いものを着用し、その上から不織布のマスクをつけるのもいいでしょう。
また、目の対策としては今人気のあるゴーグルタイプのメガネをつける。花粉が髪の毛につくのを防ぐために帽子を被っておくということも重要です。

対策その3 花粉がつきやすい服装はNG!さらにはテント内に花粉が入らないように心がけて

春キャンプ ,花粉症, キャンプ初心者

キャンプ用のウェアは多数ありますが、ナイロンなどツルツルした素材の服を選びましょう。

3~4月、日中は暖かいので半袖で過ごせたりしますが、夜は寒くなるのでジャケットが必要です。インナーにはダウンなどを着込み保温性を高め、外側はツルツル素材のジャケットで花粉をつきにくくすることが重要です。

※ナイロンは火の粉に弱いので、焚火や調理をする際は注意が必要です。

テント内に花粉を持ちこまないよう、よく服をはたきましょう。むしろ、ジャケットはテント内に持ちこまない方が良いと思います。
荷物は増えますが、テント内専用ジャネットを用意しておくと良いでしょう。

「天気がいいからシュラフをふかふかにしたい」という気持ちは分かりますが、シュラフを外に干すのはNGです。吹くと同じで、なるべく花粉をテント内に持ちこまないようにするためです。

可能であれば、加湿器などで湿気を増やすことも対策になります。
花粉はふわふわと空中を舞っています。加湿すれば、花粉が水分を含んで重くなり、落下しやすくなります。湿気があれば、のどや鼻などの粘膜を守ることもできます。
ただしテント内に結露を発生させる原因にもなりますので、一概にやればいいというものでもないかもしれませんが。

さらには、寝る時にもマスクは必須です。不織布だと息苦しくなりますので、通気性のよいポリエステル製でも良いと思います。

対策4 たかが花粉症と思わないで!体調が悪いなら無理はしない

春キャンプ ,花粉症, キャンプ初心者
出典:PAKUTASO

花粉症は鼻水・目がかゆいといった症状だけだと思っていませんか?個人差はありますが、頭痛や体のだるさなど花粉症とは一見無関係のような症状がでる時があります。鼻が詰まると寝つきが悪くなり寝不足になったりもします。薬の副作用でだるくなるかもしれません。

「花粉症対策はバッチリ!これでキャンプも楽しめる」と思っていても、体調が悪ければキャンプも楽しめません。無理をしないようにしましょう。

まとめ

花粉症の症状は人それぞれです。マスクや点鼻薬だけで十分な人や、筆者のように重度の症状など様々。筆者は普段から目薬点鼻薬を持ちあるいています。
今回ご紹介した対策の中で、やっているつもりでも、見落としているポイントはありませんでしたか?

少々面倒かもしれませんが、ちょっとの心がけで花粉症は楽になりますよ。
対策を忘れずに、楽しい春キャンプをお過ごしください。

▶キャンプや日常を綴るブログ「のざるん’ち」はコチラ

Related

関連記事