家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

カッコいいキャンプ・カッコ悪いキャンプってなに?


キャンプスタイル,ファミリーキャンプ,キャンプのマナー,ソロキャンプ

みなさんこんにちは、初級者ファミリーキャンパー「のざる(@camp_bata)」です。お洒落にキャンプしたい! カッコよくキャンプしたい! って思っている人は多いのではないでしょうか?
かくいう自分も、その一人です。
しかし、お洒落やカッコよさって絶対に必要か? と首をかしげることもあります。
あくまでも個人的な考えではありますが、キャンプスタイルについて記してみたいと思います。 

目指したいのはスマートでスタイリッシュなキャンプだけど・・・

キャンプスタイル,ファミリーキャンプ,キャンプのマナー,ソロキャンプ

アウトドアブランドのカッコいいキャンプ道具を使い、お洒落な食器を並べ、写真映えするようなレイアウト。
時間をかけず無駄な動きをせず、サッと設営、テレビで見るような美味しい食事、サクッと撤収。
そんな風に思い描く理想のキャンプスタイルはたくさんあるけれど、全てを叶えるのはかなり困難。

好きなアウトドアブランドのギアを思う存分揃えてみたい
お洒落な食器で揃えてみたい
写真映えするようなレイアウトを飾ってみたい
手の込んだキャンプご飯を作りたい

などなど。

食事やレイアウトなどは自分の技量が足りないというのが大きいのですが、なによりもキャンプギアってお金がかかります。
最近はかなりお安くギアを買うことができますが、それでもキャンプ道具全てを好きなモノばかりで揃えるのは大変です。
食器は100円ショップなどを活用すれば十分使えます。
レイアウトや美味しい食事は...本人の技量の問題でしょうか。

要は、本人たちがキャンプを楽しめればいいのです。ぶっちゃけて、どんな道具を使ってどんなご飯を食べてどんな風に過ごそうが、それは自由です。
(もちろんキャンプ場のルールやマナーを守るというのが前提ですが。)

我が家もキャンプを始めた当初は、「キャンプというのは○○するものなんだっ!」と思っていろいろ頑張ってみました。
1泊2日の間にいろんなことを詰め込んで、くったくたになって帰っていました。

しかし回数を重ねるごとにつれ、「あっ、無理にやらなくてもいいんだ」と思うようになり、キャンプで何をするというよりも、どう過ごしたい? という考えになっていきました。
今の我が家のキャンプスタイルは、とにかくのんびりすること。ご飯はインスタント・お弁当をがっつり活用、焚火でお肉が焼ければそれでいい。

どんな道具を使おうが、普通に使えればいい。有名ブランドにこだわる必要もない。
自分たちが安全にきちんと使えればそれでいいんじゃないかって思っています。

「○○じゃないならキャンプとは言えない!」というのは違うと思う

「そのメーカーを使うなんてカッコ悪い」
「インスタントなんてダサイ」
「安物つかってるの?」

とまあ、ごく一部のキャンパーに言われてしまい「我が家のものはダメなのか・・・?」と意気消沈してしまう。
たまにSNSで見かけたりします。

テントを使わないとキャンプじゃないの?
車中泊はキャンプって言わないの? 
肉を焼かないとキャンプじゃないの?
焚火しなきゃいけないの?
大きな車じゃないとキャンプしちゃいけないの?
カップラーメン食べちゃダメなの?

いやいやいやいや、そんなことないでしょ。ダサイキャンプなんて一つもないですよ!!

キャンプスタイル,ファミリーキャンプ,キャンプのマナー,キャンプ飯 

カップ麺おいしいです。道の駅で買ったお弁当も美味しいです。道中寄り道して食べるお蕎麦も美味しいです。
無理に焚火しなくてもいいんです。お肉じゃなくてもいいんです。
みんながみんな、これが我が家のキャンプだって思って過ごせば、カッコイイもダサいもないと思うんです。
自分は周囲のサイトを見てタメになることは数あれど、ダサイと思ったことはありません。
そして、自分のキャンプスタイルがダメなことだと思ったこともないです。
(毎回反省点は多々あるし、カッコいいかお洒落かというのは置いといて・・・)

ただ、現実には上から目線で「お前のやっていることはキャンプじゃねえ!」なんておっしゃっている方がいるというのも事実です。
キャンプスタイルって、結局は自分の好みなんじゃないでしょうか?
それを個人の目線で「ダサいキャンプ」・「カッコ悪いキャンプ」・「そんなのキャンプじゃない」ときめつけられてしまうのは違うんじゃないでしょうか?

キャンプスタイル,ファミリーキャンプ,キャンプのマナー,キャンプ飯

楽しめればいいんです。家族が満足してくれたらいいんです。
目指す方向は人それぞれ。

お洒落なキャンプを目指して、サイトをキレイに飾ってみたい
普段はできないダッチオーブン調理にチャレンジしてみたい
テントで寝られればいい。ご飯もインスタントで十分

どれも素敵なキャンプです。
感じ方は人それぞれです。
自分としては、外で寝泊まりするだけで非日常が味わえて、それだけでもカッコイイような気もします。

いちばんダサくてカッコ悪いのは、マナーを守らないこと 

・・・とまあ、個人的な考えを記してきましたが、決してお洒落でカッコイイキャンプを否定するわけではありません。
好きなキャンプブランドで統一してみたり、少ない道具で無駄のないキャンプを楽しんでみたり。
自分の中ではカッコいいと思える理想がありますし、いつかは大人のキャンプを過ごしてみたいのです。
しかし今の自分にできることには限界があります。
いつかはステキなキャンプサイトを作り上げたいと思い描きながら経験を重ねていくのみ。
今は、家族がゆったり楽しめて、実用性重視のキャンプスタイルが中心。見た目やカッコよさやお洒落は二の次です。

そしていちばんダサくてカッコ悪いのは、マナーを守らないこと。

どんなにカッコよくてお洒落なキャンプをしていても、マナーが悪ければ全て台無しです。
以前から、キャンプ場やバーベキュー場でのマナー問題が取り上げられています。
実際にマナーの悪化で閉鎖されてしまうキャンプ場やバーベキュー場も増えてきています。
そういったことが増えていくと、キャンプ=悪みたいな空気感が漂ってきそうですが、それだけは避けたいですよね!!
どんなキャンプスタイルを過ごそうと、マナーだけはしっかりと守る。
そこだけは、誰しもが共通して持っているキャンパーとしてのカッコよさだと思います。

まとめ

キャンプスタイル,ファミリーキャンプ,キャンプのマナー,ソロキャンプ

今回は個人的な思いを記してしまいましたが、キャンプスタイルにカッコイイもダサいもないと思うんです。
もしも貴方のキャンプスタイルをカッコ悪いとかダサイと笑う人がいても、「そんなことないですよ!」と言ってくれる人がいます。
カッコ悪いのは、貴方を笑う人です。そしてマナーを守らない人です。
食べたいものを食べてください。使いたい道具を使ってください。過ごしたいように過ごしてください。

必要なのは、キャンプのマナーやルールを守ること。
家族の安全を守りながら道具を使い、無理はしないこと。
楽しかった! また行きたい! と、家族が思ってくれるようなキャンプを目指してみてください。

Category

おすすめカテゴリ

Brand Pickup

ブランドピックアップ

Related

関連記事