家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

自分だけの空間と時間を堪能するソロキャンプのテクニックを紹介したい


 ソロキャンプ,キャンプ飯,ソロキャンプの心得

お笑い芸人の動画チャンネルで一躍メジャーになった「ソロキャンプ」。なにもかも一人でこなし、自分だけの空間と時間を堪能する自由なキャンプ・ソロキャンプ。
そんなソロキャンプのテクニックを紹介してみたい。

自分だけの宇宙を独占できる 
それがソロキャンプ!

キャンプ
人生でのキャンプ初体験と言えば、小中学校の林間学校。あるいはアウトドア好きな親御さんに連れられてのものだろう。周囲には家族が、仲間がいる。会話がある。自分では解決できないトラブルでも、誰かが助けてくれる。でも、仲間との談笑の一瞬でふと我に返る。キャンプ本来の楽しみともいえる「大自然との交歓」を堪能できない。

光を、風を、月明かりを。そして虫の調べに浸りたい。
天地の万物と一体化したい…はさすがに大げさだが、自分のみの世界を楽しめる浪漫なひととき。
それがソロキャンプ。

ソロだから自分だけ。
仲間がいなければ、グッズのシェアどころか助けもない。
手配も荷物運びも調理もみんな自分の手で済ませなければならない。
だから、衣食住のすべてを自分で用意しなければならない。
だからこそ、面白い。

一人で暮らすから 
グッズもミニマムに

では本題。
まず、ソロキャンプに必要なグッズ、一晩の衣食住をまかなえるグッズをまとめてみよう。

テント

寝袋

マット

調理器具と食器

ランタンかヘッドライト

とりあえず、以上のものが最低限として必要な物だろう。これらグッズを、キャンプのタイムテーブルと共に紹介してみたい。

▲商品詳細
▲商品詳細
▲商品詳細
▲商品詳細

交通機関はさまざま 
「自分の力で用意できるグッズ」を

ソロキャンプ,キャンプ用品,キャンプの持ち物

まず、キャンプ場へ。
交通手段は電車と徒歩、あるいはバイク、はたまた自家用車のオートキャンプなど種類を問わない。どんな交通機関を用いても「一人でのキャンプ、それがソロキャンプ」に変わりはないのだから。
でも一人でのキャンプだから、装備は「一人で運べる重量&容積」にまとめたい。 

ソロキャンプ,キャンプ用品,キャンプの持ち物 

さてソロ向きのキャンプ場と言うのも、確かにある。グループやファミリーのキャンパーがワイワイ集うような草原のキャンプ場は、ソロキャンプには不向き。とても静かな時間を楽しめない。ましてやグループが集う中にあえてソロでサイトを張れば「悪目立ち」しかねないからだ。しかもあなたが妙齢の女性であれば、「先輩気取り 教えたがり」の輩に目を付けられソロのひと時はぶち壊し。

なので、ソロキャンプには小規模なキャンプ場が向いている。適度に木が林立し、サイト内への自動車の乗り入れ禁止、こんな環境がベストだろう。ガイドブックやネットを駆使して、ソロ向きのキャンプ場を探してみよう。

自分の体が収まる 
ミニマムなサイト

お好みのキャンプ場を探し出し、チェックインを済ませばいよいよサイトへ。

まず、サイトの設営。
テントを立ち上げる。
ソロキャンプ用のテント
一人のみの生活だから、自分の体のみを納められるサイズで充分。

ソロキャンプ,キャンプ用品,キャンプサイトの設営

気候のいい時期のみキャンプするつもりなら、以前の記事
これがアウトドアの基本!テントの立ち上げ方
で紹介した。1万円程度の格安テントでも何ら問題はない。

だが雨天時、さらに冬季でも大自然に対峙する心つもりならば、風防と撥水性、防水性に優れたモデル「ダブルウォールテント」を選びたいもの。
ダブルウォールテントは、本体であるインナーテントの上にフライシートをかぶせた2重の構造。簡易テントより格段に保温性と防水性に優れる。購入する際には、耐水圧をチェックしよう。15002000㎜あればまず間違いない。

ソロキャンプ,キャンプ用品,ハンモック

あるいは、適当な場所に木が立ち並ぶサイトならば、ハンモックの宿泊もおすすめ。ハンモックは軽く、すずしく、しかも安い!

寝袋、シュラフは秋から冬、早春のキャンプには不可欠なグッズ。パッキングの際はかさ張るが、安眠を約束し、そして命を守ってくれる装備だ。
だが夏、それも平地のキャンプ場で使えば寝苦しくてたまらない。そんな夏のキャンプにはサラリと爽やかな「キャンプシーツ」を持参するのもよい。

テントの床に敷くマットは、地面からじわじわと冷える冬はもちろん。夏でも欠かせない。背中にゴツリと響くテント床下の障害物から守ってくれる。また、意外に思われるかもしれないが、夏キャンプでも、ハンモックの寝床に敷き詰めたい。夏キャンプの大敵と言えば、蚊やアブ。彼らの吸血に賭ける欲望たるや凄まじく、ハンモックの床に人間の温かい背中が密着していれば、そこを狙って布地ごと刺してくる執念深さ。だがマットを敷くことで、さしもの虫たちもお手上げ。平和に安眠が守られるのだ。

テントを張り、火を起す。

ソロキャンプ,キャンプ用品,焚き火

火の回りは大地のキッチンダイニング。そんな温かい空間に食材や食器が散らかっていたらゲンメツこのうえない。周囲の木にパラコードを張った上、カラビナで吊る
空間を自由に使うことでコンパクトにまとまる上、夏季なら虫の害も抑えられる。

ソロキャンプ,キャンプ用品,パラコード,カラビナ

調理器具と食器

一人だけのキャンプだから、食事も一人で済ませられるレシピを用意しよう。
基本的に飯ごうは4合炊きだが、2合の米も普通に炊くことができる。2合分のご飯は、晩ご飯と翌朝のご飯、そして撤収前の早めの昼ご飯を賄うには十分。

ソロキャンプ,キャンプ飯,飯ごう

だがご飯はお腹にたまる。男性ならともかく、女性であれば2合のご飯でも三食分で消費しきれないだろう。そんな人は、以前紹介した
シェラカップ炊飯

ソロキャンプ,キャンプ飯,シェラカップ

あるいは、今後紹介させていただく予定の
水漬けパスタで作る、シェラカップパスタ」、あるいはスキレット調理などもおすすめ。

ソロキャンプ,キャンプ飯,シェラカップ

調理のため、必ずバーナーは持参したい。

ソロキャンプ,キャンプ飯,スキレット

そして食器だが、紙コップや紙皿は論外。
軽くて便利だが、実に味気ない。手を離した瞬間に風が吹いたら、たちどころに吹き飛ばされてしまうだろう。
調理用のシェラカップは金属だから適度な重量がある。
食器として兼用するのもいいが、鍋にもなる金属製の器は熱伝道が良すぎて、手や口を火傷しかねない。

ソロキャンプ,キャンプ飯,キャンプ用品

だからキャンプ用の器には、木の食器を用いたい。程よい重量と質感は手に優しい。熱伝導が緩やかなので、アツアツのスープを注いでも手に熱くない。醸し出される重厚な雰囲気が、ソロの時間に似つかわしい。

▲商品詳細
▲商品詳細

見て楽しむ焚き火台 
安全なLEDランタン

食事を済ませるころには、陽は落ちる。
ソロの夜の楽しみは焚き火。
撮影場所は個人所有の山林で直火焚きは何ら問題ないが、一般的なキャンプ場では焚き火台の使用が前提。

ここで、ソロ向きの焚き火台を紹介してみたい。

BUNDOK(バンドック) 焚火 スタンド ハンディ
ソロキャンプ,バンドック,焚き火台
出典:株式会社カワセ

TokyoCamp 焚き火台 折りたたみ焚火台
ソロキャンプ,TokyoCamp,焚き火台
出典:TokyoCamp

いずれも軽くて「炎の美しさを究められる」モデル。
半面、重いダッチオーブンなどは載せられないので注意したい。

夕闇は群青色へと染まりゆく。
キャンプサイトで迎える夜は自然の暗闇となる。焚き火の明かりでは心もとない。
そこでランタン、ヘッドライトの類も用意しておきたい。

グループキャンプの場では大型のガソリンランタン。
だがソロではさすがに持て余す。なので、スイッチ一つで点灯消灯できるLEDランタンが安全だろう。何より炎を使わないから、テント内にも安全に持ち込める。

▲商品詳細

LEDの明かりはムードに欠けるとの先入観を持たれる方も多いだろう。トイレの蛍光灯のような青白い光だろうと。だが昨今のLEDは青白い蛍光色から暖炉の炎のような暖色まで自在。あたたかな光で夜のテントを照らしたい。
もちろん、就寝時間はキャンプ場の消灯時間を順守して!

なお個人のみのソロキャンプではランタンを持参せず、「ヘッドライト一択」にするのも手。懐中電灯のように手がふさがらないので、夜のトイレにも便利。頭から外して卓上に置けば、そのまま卓上灯代用となる。

なおキャンプでの履物は、歩きやすい運動靴に限る。
だが夜中にふと目覚めてトイレに出る際、いちいち靴を履くのも手間だ。
手間取るうちに完全に目が覚めてしまい、再度寝付けない。
なので、サッと履けるサンダルの類を持参して夜に供えたい。

夜が明ければ新たな火を起して、夜明けのコーヒー

ソロキャンプ,キャンプ飯,コーヒー

そして朝ごはん。
前夜の残りご飯に湯を差して煮立てる「お粥」はおなかに優しい。
簡素にインスタントのカップスープでも良い。

手をかけずに、簡単に済ませたい。

朝食が済めば、通常のキャンプ同様に撤収作業
汚れた食器はキッチンペーパーで拭う
テントやシュラフは乾燥させたうえで、収納。
焚き火台の火は丁寧に消火し、燃え残りはキャンプ場指定の灰置き場に納める

撤収は「来た時よりも きれいに!」

本文:角田陽一
撮影:中里慎一郎、角田陽一
モデル:奈良本洋二

商品コード: 4580484513860
13,280  10,624  (税込) 20%OFF
●展開サイズ(外寸):約230cm×90cm×90cm ●収納サイズ:約52cm×17cm×17cm ●素材:ポール:アルミニウム合金(#7001)フライシート:ポリエステル、インナーテント:通気性ポリエステル、床面:ポリエステルオックスフォード ●重量:約3kg ●対水圧:3,000mm...
商品コード: 4536952544799
13,200  12,300  (税込) 7%OFF
●使用時サイズ : 約 90×200cm ●収納時サイズ : 約52×29×38cm ●重量 : 4.9kg ●材質 :表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル、中綿/ポリエステル ●付属品 : 収納ケース ゆったりサイズで抜群の寝心地! ■幅広い温度帯 ■4シーズン対応モデル...
商品コード: 4988998105227
9,570  (税込)
濡れや湿度に強い軽量化繊モデル 肌触りの良いポリエステル・マイクロファイバーを裏地に、軽量・コンパクトを最優先に設計しています。 夏の低山や中級山岳、沢登り、夏のサイクリストやバイクツーリスト、自由旅行の方々にも最適です。 【マイナス -5℃ 0℃ 5℃ 10℃】 【商品スペック】 ●...
商品コード: 4580484514164
4,200  3,780  (税込) 10%OFF
●展開サイズ:約201×70×5cm(ボタン部分含む) ●収納サイズ:約20×63×18cm ●重量:約2.1kg ●素材:表地:75Dポリエステル、裏地:75Dポリエステル ドット滑り止め加工 ●中材:PU ●バルブ:ABS樹脂 車中泊キャンピングマット 5cm...
商品コード: 4981325531706
1,430  (税込)
・メモリが付いたLOGOSオリジナルシェラカップ。 ・指に食い込みにくいプレート型の持ち手。 【商品スペック】 ● 総重量 : (約)95g ● 容量 : (約)300ml ● サイズ : (約)幅16.3×奥行12.5×高さ4.3cm ● 主素材 : ステンレス
商品コード: 4953571073200
7,480  (税込)
●外形寸法 :幅153×奥行195×高さ77mm(使用時・本体のみ) , 幅142×奥行78×高さ25mm(収納時) , ●重量 : 380g(本体のみ) ●発熱量 :2.1kw(1800kcal/h) (ST-760使用時)、1.7kw(1500kcal/h)...
商品コード: 4580484513440
3,060  2,448  (税込) 20%OFF
●展開サイズ(外寸):約幅9cm×奥行9cm×高さ18.5cm ●明るさ:最大1000ルーメン(昼白色300ルーメン 電球色700ルーメン 切り替え可) ●連続点灯時間(目安):25時間(300ルーメン)、18時間(700ルーメン)、12時間(1000ルーメン) ●LED寿命:約40000時間...

Category

おすすめカテゴリ

Brand Pickup

ブランドピックアップ

Related

関連記事