家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

冬キャンプにコタツはいかが? サクッとできる自作コタツを紹介


冬キャンプ,簡易こたつ

みなさんこんにちは、初級者ファミリーキャンパー「のざる(@camp_bata)」です。
寒い時期、恋しくなるのは「コタツ」ですね。
そこで今回は、キャンプでも簡単に作れる「簡易コタツ」の一例をご紹介していきたいと思います。

キャンプで簡易コタツを作ってみよう

冬キャンプといえば、薪ストーブなどで暖を取るイメージがあります。
しかし、幕内に薪ストーブを設置するとなると、設置の知識や労力が必要です。
なにかと忙しくなるファミリーキャンプでは、初級者にはなかなか手をだしづらいものです。
では、コタツを作ってテントの中に設置してみるのはいかがでしょうか?

キャンプでコタツ?? と思われるかもしれませんが、調べてみると実践している方は多いものです。
本格的に設置する場合は別ですが、ひとまずの簡易コタツであれば複雑な道具や知識は不要。
寒い時期、足元を温めるだけで、かなり暖をとることができます。

今回は、我が家が試してみた、一例をご紹介させていただきます。

キャンプ用簡易コタツで用意するもの

自宅で使うような本格的なコタツをそのまま持っていければラクですが、さすがにそれは無理があります。
ですので、普段キャンプで使っているものを流用するのが一番です。

今回用意したものは、

・アルミマット
・インフレータブルマット
・敷物(ラグ)
・大きめなシュラフ
・毛布
・折りたたみテーブル
・天板
・布団乾燥機

といったものです。
どれもキャンプで使っているものばかりですので、このために追加購入したものはありません。

では、どんな感じで設置したのかご紹介していきましょう。

1.底冷え対策はしっかりと

底冷え対策,簡易こたつ 

寒い空気は床・地面からきます。
なので、まずは床からの冷え対策をしっかりとすることが大事です。
まずインナーテントの床に、アルミマットを敷き詰めました。
ここでポイントは、銀色の面を上にしましょう。そうすることで、地面からの冷気を防ぎつつ、保温効果も高まります。
その上に、インフレータブルマットを敷き、さらに電気毛布、その上にはラグを敷きます。
この設置方法が正しいというわけではありませんが、なるべく床の冷え対策を施したほうがよいと思って、持っているものをとにかく敷いてみました。
最終的にはコタツを外して就寝しますので、電気毛布もあらかじめ敷いておきました。

2.折りたたみテーブルは高さ調節できると便利

簡易こたつ,折りたたみテーブル

コタツといえばテーブルです。
今回は、クイックキャンプの折りたたみテーブルを2つ使用しました。

簡易こたつ,折りたたみテーブル

こちらは脚の高さ調節が可能なものです。ある程度の高さがないと、大人は足をいれにくくなってしまいます。少し高さがあるものが良いと思いますよ。

▲商品詳細
▲商品詳細

3.シュラフをコタツ布団代わりに使う

簡易こたつ,こたつカバー,シュラフ

さて、肝心のコタツ布団ですが、シュラフを代用します。
マミー型のシュラフでは代用できませんので、封筒型のシュラフを使います。
なおかつ、ジッパーで広げられる、布団のような大きなシュラフだと良いですね。
我が家の場合は同じものを2組持っているので、ジッパーで連結して大型のコタツ布団として活用してみました。
大きければ、テーブルの下に足が入らなくとも、コタツの温もりを感じることができます。

簡易こたつ,こたつカバー,シュラフ

その上には、汚れてもいいような古い毛布をかけました。
何かこぼしてシュラフを汚されても困るので、汚れ防止の意味合いも含んでいます。

▲商品詳細
▲商品詳細

4.天板も代用品で済ませる

簡易こたつ,こたつ用の机,ロールテーブル

続いて、テーブルの天板となるものを選びます。
しっかりと作りこむのであればテーブルの大きさにあわせて木材を切り出し、天板を作るという方法もありますが、そこまではしません。
所持していたアルミロールテーブルの天板を代用します。
まっすぐ平たく安定するとは言い難いですが、とりあえずは形になるので今回はこれで済ませました。

▲商品詳細

5.コタツの完成!

冬キャンプ,簡易こたつ

これで簡易コタツの完成です!
見た目は不恰好ですが、ひとまずコタツっぽくなりました。

冬キャンプ,簡易こたつ

このキャンプコタツのためだけに、竹籠とミカンも用意しておきました。
これがあれば、コタツの気分も全開で楽しめます。

6.暖かさはどう確保するの?

布団乾燥機,冬キャンプ,冬キャンプの過ごし方

コタツは完成しましたが、このままでは寒いですよね。
そこで布団乾燥機を用意しました。ノズルを布団の中に突っ込み、スイッチオン!
一気にコタツの中が温まり、ちょっと暑いくらいです。おまけにシュラフやマットも温まって、一石二鳥です。

布団乾燥機,冬キャンプ,冬キャンプの過ごし方

ただしこの方法は、電源サイトでしか使えないというのが難点です。
消費電力が大きい為、ポータブル電源では無理があるんです。
電源サイトではない場合は、湯たんぽをコタツの中に配置するという手もあるでしょう。
布団乾燥機に比べれば暖かさは劣るでしょうが、足元を温めることはできると思います。

まとめ

今回は、冬キャンプにおけるカンタンなコタツ設置についてご紹介してきました。
手持ちのもので実践したため、かなり簡易的で雑なコタツになってしまいました。
ただ、この快適さはやみつきになります! 寒い冬の時期、テントに籠ってしまっていました。
ぬくぬくとテント内で過ごしてみたい方、ちょっと参考にしてみてはいかがでしょうか?

商品コード: 4580484511385
1,650  (税込)
●展開サイズ: 約60×40×27/34.5cm(※高さ二段階調節) ●収納サイズ:約40×30×4.5cm ●重量: 約1.2kg ●耐荷重:5kg ●耐熱温度:150℃※テーブル天板 ●素材:アルミ MDF耐熱耐水天板 ※天板表面は耐水加工がされておりますが、長時間濡れる場所で保管・使用しないでください。...
商品コード: 4580484512771
2,640  (税込)
●展開サイズ(目安):(約)60cm×40cm×27/34.5cm(※高さ二段階調節) ●収納サイズ(目安):(約)40cm×30cm×4.5cm ●重量:約1.2kg ●耐荷重:5kg ●耐熱温度:150℃(※テーブル天板部分) ●素材:アルミ , MDF耐熱耐水天板...
商品コード: 4580484515918
3,960  (税込)
ゆったり設計の寝心地良いシュラフ ゆったり設計の1人用サイズ 長さ215cm×幅80cmの大人でもゆったり出来るサイズ感。窮屈に感じず、ストレスなくお休みいただけます。...
商品コード: 4580484511910
4,980  (税込)
●展開サイズ(ダブルサイズ):(約)220×150cm ●展開サイズ(シングル分離時):(約)220×75cm×1枚、(約)190×75cm×1枚 ●収納サイズ(目安):(約)約51×30×30cm ●重量:約3.0kg ●素材:[表地]190Tポリエステル...
商品コード: 4580484515017
12,980  (税込)
●展開サイズ(目安):約90cm×60cm×高さ40cm ●収納サイズ(目安):約90cm×23cm×高さ12cm ●重量:約5.5kg ●耐荷重:30kg ●素材:天板:天然木(ビーチ材)、フレーム:アルミ、キャリーバッグ:ポリエステ) キャンプサイトの主役...

Category

おすすめカテゴリ

Brand Pickup

ブランドピックアップ

Related

関連記事