家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

クイックキャンプ QUICKCAMP まとめ買いキャンペーン

ブッシュクラフトでの焚き火術


ブッシュクラフト,焚き火,焚き火術 

文明の利器に頼らず、わが身の知恵と最小限の道具で自然と対峙する。
しかしサバイバルほどのハードさはない。
余裕をもって自然と語らう、それがブッシュクラフト。
静かにトロトロ燃える火は、サイトを温かく包み込む。
そんなブッシュクラフトの焚き火の極意を紹介してみよう。

火はサイトの守護神 
あたたかく、優しく包まれる

ブッシュクラフトでいよいよ落ち着ける場所を探し出したら、まずは火をおこす。
火はサイトの守護神、アイヌ伝承の火の姥神・アペフチカムイのごとく、優しく人々を包む。

ブッシュクラフト,焚き火,焚き火術

焚き火は当然ながら「直火」である。
直火のできない場所でブッシュクラフトをしても面白くない。
そして、全然サマにならない。
だからこそ、「直火ok」「薪取りokの場所をあらかじめ検索して、コネを駆使するなどして確保するのが極意だ。

太い薪を用意して 
ジックリ火を育て上げる

さて、焚き火の用意。
ブッシュクラフトの焚き火はサイトの守り神である。
なので、一気に燃やし尽くすのではなくトロトロと長持ちするような焚き方に留意すべき。

そこで以前の記事「焚き火マスター術「薪の組み方」を学ぼう」から参照してみたい
記事はこちら

焚き火の火床には、太い丸太を置く。
その太い丸太に添える形で細い薪、そして焚き付けを組み上げる。
点火すれば火は焚きつけから薪、さらに丸太へと移っていく。
膨大な燃焼エネルギーを秘めながらも割られていない…
表面積が小さい丸太は、
その分だけ酸素に触れる面積も少ない。
だから一気に燃え上がり燃え尽きることなく、長時間の火持ちが約束される。

そんな、丸太の火持ちの良さを生かした薪の組み方

差し掛け型

ブッシュクラフト,焚き火,差し掛け型

ハンター型

ブッシュクラフト,焚き火,ハンター型

特におすすめはハンター型。
2本の丸太がそのままゴトク、カマドの役割を果たす。
軽量の焚き火台ではとても受け止められない重いダッチオーブンもしっかり乗る
夜は灰をかけて鎮めば熾火が生き続け、翌朝に掻き起して焚き付けを載せれば新たな火が燃え上がる。
自然と語らうブッシュクラフト。サイトの神である火を静かに崇めたい。

文明の利器に頼らない 
ブッシュクラフトの着火術

さてブッシュクラフトは不便を楽しむイベントでもある。
なので着火もいささか「不便」を楽しみたい。

火をおこすに当たり、バーナーやチャッカマンなど文明の利器に頼るなどもってのほか。
昭和の時代に戻ってマッチを擦る。

そして以前の記事
「現代式の火打石・ファイヤースターターを使いこなす」

でも紹介したごとくマグネシウムの砕片に鋼鉄の火花を落として着火する。

記事はこちら

焚き火,ファイヤースターター,着火方法 

もちろん焚き付けは現場で拾ったシュロの樹皮、竹の皮、杉の枯れ葉
安易な人工着火剤に頼らず自然の恵みを生かしてみよう。

不便な中でも、工夫を施すことで豊かな炎が燃え上がり、サイトを育んでくれる。

次回はそんな焚き火の炎に育まれる「ブッシュクラフト料理」を紹介してみたい


本文:角田陽一
写真:中里慎一郎

Category

おすすめカテゴリ

Brand Pickup

ブランドピックアップ

Related

関連記事