家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です
QUICKCAMP クイックキャンプ ビアサコッシュプレゼントキャンペーン

夏本番!気をつけたい!キャンプ時の熱中症対策&虫対策


こんにちは、ファミリーキャンパーのやんちゃまんけんたいです。自己紹介はこちら

夏キャンプ,熱中症対策,虫対策

さて、徐々に暑さを感じる季節、皆さんは「夏キャンプ」はされますか?
夏にキャンプ場を選ぶ時、どんなことを意識するでしょうか?
避暑の為に高地のキャンプ場? 海や湖・川の近くなど水遊びのできるキャンプ場でしょうか? 木陰の多い林間のキャンプ場もいいですね!

夏キャンプ,熱中症対策,虫対策

今回は私が気を付けている、夏キャンプで気になる熱中症対策や虫対策をご紹介します。

やんまん's 夏キャンプに取り入れたい熱中症対策

・水筒をフル活用!水分補給は忘れずに。
・しっかり食べよう!暑くても熱くないレシピ
・影を有効に。濃い影を作り出そう!

水筒をフル活用!水分補給は忘れずに。

夏キャンプ,水分補給,熱中症対策

熱中症対策の基本は水分補給です。日差しを浴びて暑い中、キンキンに冷えたビールをクーラーボックスから取り出しプシュっと。最高の瞬間ですね!

でも、アルコールだけ飲んでいてはNG。ソフトドリンクでこまめに水分を補給しましょう。また、暑い中クーラーボックスを頻繁に開け閉めすると冷気が漏れて効率が悪いです。
そこでおすすめしたいのが水筒です。

夏キャンプ,水分補給,水筒

スタンレーシグクリーンカンティーンなどアウトドアブランド、お洒落で性能も良い水筒も良いですが、ファミリーで子供用には普段使いの水筒も持って行く事をおすすめします。不思議と自販機でペットボトルを買う時はジュースを欲しがる子供達も水筒だとお茶や水でも飲んでくれます(笑)

私は、2泊以上する時は特に途中で買出しに行くことが多いですが、その時に空になった水筒も持って行きます。スーパーで冷えたお茶や水を2Lのペットボトルで買い、すぐに駐車場で水筒にうつすためです。ペットボトルのままで保管するよりも冷たさが長続きし、経済的なのでおすすめです。


引用:google map

その為にもアウトドアブランドのものから普段使いのものまで余計に水筒を持って行くと便利です。

しっかり食べよう!暑くても熱くないレシピ

夏キャンプ,熱中症対策,夏バテ料理

夏でもキャンプ場で1日過ごしていると日中との温度差で朝晩は比較的涼しく過ごせます。日中は暑さで体力が奪われるので、特に朝ご飯は必ず食べる事をおすすめします。

今回私がおすすめしたいのはお昼ご飯のレシピ。

日中は暑く、火を熾して長時間調理するのは正直熱くて苦行ですよね。
そんな時におすすめのレシピです!

・冷凍うどん
夏といえばそうめんですが茹でる必要があります。そこで試して欲しいのが、冷凍うどんを溶かしてそのまま食べる方法。

夏キャンプ,熱中症対策,夏バテ料理

凍っている間は保冷剤代わりにクーラーボックスへ、食べる1時間程前に取り出して自然解凍し、そうめんなどと同じめんつゆや小分けのタレも販売されているのでかけるだけ。
とても簡単に、火も使わずに食べられます。

・パスタも山食ワザの一工夫でラクチン調理
こちらは登山キャンパー御用達の調理テクニック。『水パスタ』をご存知でしょうか?
私は登山が好きな友人に教えてもらいました。パスタは通常茹で時間が5~7分程度必要ですよね。その間、火の前でパスタが鍋やクッカーに引っ付かない様に定期的にかき混ぜる必要があります。

水パスタ,夏キャンプ,熱中症対策,夏バテ料理

『水パスタ』では茹でる前に調理容器やジップ袋などに水をためて2時間以上パスタを浸けておきます。パスタが入らない場合は半分に折ってもOK。
食べる前に取り出すと、あら不思議。もうパスタは柔らかくなっています。あとは通常の茹で時間は不要。さっと沸騰させるだけでパスタが完成します。
災害時にも使える方法なので、万が一のためにも覚えておいてください。

影を有効に。濃い影を作り出そう!

夏キャンプ,タープ,日陰

サイトの周りに木が少なく、日陰の無い場合もあります。そんな時に活躍するのがタープですね!タープは風通しも良く、特に夏場の日中は快適に過ごせます。

・素材
・色
・生地の処理

タープを選ぶ際はこの3点に気を付けましょう。

【素材】に関しては、一般的にポリエステルやナイロンなどの合成繊維のものよりも、コットン(綿)やポリコットン(綿とポリエステルの混合)素材の方が影が濃いです。

これだけ聞くとコットンやポリコットンが良いように思いますが、ポリ素材に対してコットンは湿気を吸いやすく乾きにくい、重量も重くなり取扱いにくいというデメリットもあります。

ポリコットンは混合の為に中間的な特徴を持ちます。

次に気を付けたいのは【色】です。
淡いナチュラルカラーで統一されたサイトは爽やかで良いのですが、影の濃さに限っては色の濃いタープの方が有利、タープ下での快適性は上がります。

私のおすすめはクイックキャンプのポリコットンタープ!
レクタ=長方形と、オクタ=八角形があります。

▲商品詳細
▲商品詳細

中間的な特徴であるポリコットン素材にネイビーやカーキなど濃いめのカラー展開がされている点が魅力です。

また、生地には撥水処理・カビ防止加工が施されているので湿気の吸いやすさや乾きにくい点にも対応済!

そうです、3つ目のポイント【生地の処理(加工)】です。

素材の機能を高めたり、デメリットを補う為に施されているので、タープを選ぶ際には処理(加工)について確認しましょう。

私は、台湾のテントメーカーであるSoulwhat社の2ポールシェルターも所持しています。

夏キャンプ,タープ,日陰

淡い色のポリ素材ですが、年中暑い国の製品とあって生地の裏側に、日本では日傘などに見られる、シルバーの蒸着処理が施されており遮光性が高められています。

最近ではコールマンがダークルームテクノロジーという、軽量でありながら遮光性を高めた生地を使っているので要チェックです。

▲商品詳細
▲商品詳細

この様に熱中症対策には日差しを遮ることも有効なので、【素材】【色】【処理】などに注意して効果的なタープを選ぶと良いでしょう。

「キャンプブログ」なので、キャンプを想定した対策を中心にピックアップしましたが、基本的な対策として、帽子をかぶったり、日焼け止めを塗るなどもお忘れなく!

やんまん's 夏だけじゃない年中使える虫対策

・おすすめ虫よけグッズの3段活用
・夏だけじゃない!気を付けたいポイントとマナー
・ランタンを使いこなし術

おすすめ虫よけグッズの3段活用

夏は開放的に肌の露出も増え、思いっきりはしゃぎたい。ですが、同時に気になる虫刺され。
私が実践している虫よけグッズの3段活用を紹介します。

①蚊取り線香

夏キャンプ,虫対策,蚊取り線香

これは皆さんも思い浮かびますよね、ポイントはテントを囲む四方、もしくは出入りの前後
二方向に配置するように置くと良いでしょう。

写真の通り、通常の緑の線香ではなく、屋外用で効果の高いパワー森林香(赤函)を私は使っています。

せっかく多方に置くので、線香立てには遊び心を。最近では百均などでもおしゃれな線香立てがあるので、いろいろなバリエーションを試してみて下さい♪

②虫よけスプレー

 
出典:ナチュラルアイランド

天然素材や、効果の高いもの、赤ちゃんや子供の肌にも安心のものなどいろいろあります。

また、キャンプ場を選ぶ際に清流の近くや高地を選ぶと蚊だけでなく、アブやブヨといった蚊以外の虫もいますので、スプレーの効果・対象を良く読んで購入すると良いでしょう。

山間のキャンプ場では、万が一に備えて、ハチなどの撃退スプレーもあると安心です。

③虫がいなくなるスプレー


出典:金鳥

身の回り以外にも虫を寄せたくない場所がありますよね。そうです、テントの中ですね。

意外と盲点で、テントの中での蚊取り線香は煙の充満や臭いもあるし、線香に触れて火傷や、万が一火事にでもなったら・・・。という不安もあります。
虫よけスプレーも寝る前に汗拭きシートでさっぱりしたところに使うのは少し抵抗がありますよね。

そんな時は「虫がいなくなるスプレー」です。元々家庭用で効果が長続きするものが多いでテントの設営後すぐにテント内、インナー内でプシュっとしておくのがおすすめです。

夏だけじゃない!気を付けたいポイントとマナー

夏に限らず気を付けたい虫がいます。蚊など空中を漂う虫では無く、地面を這っている虫。

そう! アリです!


出典:イラストAC

アリに対しても効果のあるスプレーなどがありますが、先ず気を付けたいポイントは、

【テントを張る場所にアリの巣がないか?】

誰であっても自分の家の上に建物を建てられると嫌ですよね。アリは巣に帰ろうとするので、必然的にテント内にアリが侵入する事に。

大体気付くのはテントができてしまってから「あれ?アリ多くない?」というパターン。
テントを張り直すのは一苦労です。

あらかじめ、テントを張る前の地面の状態を確認しておきましょう。同時に小石なども取り除いておくと、テント内の快適性がグンと上がりますよ!

【食材管理、自サイトはもちろん共用部でも気を付けよう!】

アリが好きなものは「甘い物」です。お菓子だけでなく、野菜の中でも糖分の多いものがあります。BBQの焼き肉のタレも糖分が多いですね。ジュースなどの飲み残しや、空き缶・空きビン・ペットボトルも同様です。

食べこぼしや、夜寝る時の片付けを怠ると、アリに限らず小動物をもサイトやキャンプ場へ寄せ付けることになります。洗い物をする共用の炊事場でも一緒です。ゴミや食べ残した食材を流しに置いたままだと虫や動物が寄ってきます。

これらは虫対策に限った事ではありません。キャンプ場利用のマナーとしても当然ですが、なるべくゴミが出ないよう、食材は使い切りましょう。翌日使う分や余った食材は密閉できる容器やクーラーボックスに入れて保管し、ゴミ袋の口も結んでおくと良いです。


出典:イラストAC

空き缶やビン、ペットボトルもサッと中を水で流しておきましょう。

ランタンの使いこなし術

夏キャンプ,虫対策,ランタンの使い方

さて、話はまた蚊などを対象に戻します。キャンプ場での照明、ランタンは皆さん何をお使いですか?

大きく分けて、

・ガソリンや灯油、ガスなど燃焼系ランタン
・電気で光る充電式や電池式のLEDランタン

この2つがありますね。ランタンを上手く使いこなす事で虫対策もできるんです!

夏キャンプ,虫対策,ランタンスタンド 

蚊などの虫は、光と二酸化炭素に集まってきます。そこで、テントサイトでは燃焼系のランタンをテントから少し離れた位置、テントの中やテーブル周りにはLEDを使うと良いです。

▲商品詳細

また、LEDランタンの中にはモスキートランタンという紫外線で蚊をおびき寄せ、電撃で殺虫してくれる商品があります。小さなお子さんがいて燃焼系ランタンはまだちょっと・・・という方はこちらのランタンをおすすめします。

▲商品詳細

私はこのランタンを2個持っています。1つはテントの外に配置して虫をおびき寄せる、もう1つはテントインナー内に使って、テントの中に入ってきた虫を撃退します。

ここで気を付けたいのが、テントインナー内の方は出入りする際には紫外線を消灯することです。点けたままにすると逆に虫を寄せてしまうので注意です。

以上、これからの季節、特に夏キャンプで気を付けたい 熱中症対策と虫対策のポイントをお伝えしました。最後まで読んで下さりありがとうございました。

商品コード: 4580484514034
17,160  (税込)
●展開サイズ(目安):(約)幅440cm×奥行400cm ●収納サイズ(目安):(約)幅65×12×12cm ●重量:約4.6kg ●素材:コットン35%、ポリエステル65%、リップストップ ●付属品:タープ本体、ペグ10本、メインロープ2本、サブロープ4本、キャリーバッグ...

商品コード: 4580484515703
17,160  (税込)
●展開サイズ(目安):(約)幅440cm×奥行400cm ●収納サイズ(目安):(約)幅65×12×12cm ●重量:約4.6kg ●素材:コットン35%、ポリエステル65%、リップストップ ●付属品:タープ本体、ペグ10本、メインロープ2本、サブロープ4本、キャリーバッグ...
商品コード: 4580484515475
11,000  (税込)
QUICKCAMP ポリコットン製オクタタープ 4~6人用の大型タープ 最長420cm×520cmの広々した八角形タープ。面積が広いため大きな影を作り出し、夏場のキャンプでも涼しく過ごすことができます。...
商品コード: 4992826114961
36,182  31,400  (税込) 13%OFF
日光を90%ブロックし涼しい空間を実現軽量で1人でも設営できる風に強い自立式シェード。 グループでのBBQや、キャンプでのシェード使いに最適な「パーティーシェード」が脚のフレームにアルミを採用して約25%軽量になりました。 持ち運びもラクに、1人でもさらに設営しやすいです。...
商品コード: 4992826117818
14,764  14,580  1%OFF
脚の節を増やし中に収納することで従来に比べ、長さ約20cmコンパクト収納を実現。 開くだけの簡単設営。 コンパクト収納で移動や保管に便利。 風に強く雨や日差しが入りにくいひさし型。 ※ハンマーは付属しておりません。 【商品スペック】 ● 耐水圧 : 約3,000mm ● 使用サイズ...
商品コード: 4580484512825
3,960  (税込)
コンパクトに収納できる ダブルハンガータイプの軽量アルミ製ランタンスタンド 無段階の高さ調節が可能 スクリュー式なので、使用用途やお好みの高さに合わせて簡単に調節できます。(75-220cm)...
商品コード: 4589804101664
3,300  (税込)
『アウトドアシーンに』 木に吊るす。 テーブルに置く。 テントの入り口に下げる。 懐中電灯の替わりに。 数を増やして飾り付けにも。 『車中泊/バンライフに』 丈夫なボディで小さいのに十分な明るさがあるので、車中泊やバンライフなど車の中でのご使用にもおすすめです。 『リラックスタイムに』...

Category

おすすめカテゴリ

Brand Pickup

ブランドピックアップ

Related

関連記事