家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です

ソロキャンプ「一人で、何をするか?」 そんな悩みを解決してみた


ソロキャンプ,ソロキャンパー,キャンプの楽しみ方

ソロで
独りで
わが身を大自然と時間に任せる。
ぜいたくな時を過ごす。

それがソロキャンプ。
だが、ぜいたくな時間を独占できるからこその悩み
「何をするか?」
そんな悩みを解決させていただきます。

ソロキャンプのぜいたくな悩み 
独りで、何をするか?

キャンプ場にチェックインしてサイトを立ち上げる。
火をおこす
食事を作る
寝る
また食事してサイトを撤収してチェックアウト

キャンプにおけるイベント、平たく言えば「作業」は上記のもの。
寝る、あるいは食事作り以外のイベント作業
テント設営や撤収などは初心者でも1時間、手慣れていれば30分もかからない。
残るのは膨大な一人きりの時間

アウトドアというイベントで
大自然という異空間で

その有り余る時間をいかに活用すべきか考えてみよう。

1:焚き火

ソロキャンプ,ソロキャンパー,焚き火,焚火

キャンプの醍醐味といえば、やはり焚き火だ
手元のライターなりメタルマッチから発した火花が焚き付けに移って炎となり、小枝を咀嚼して成長し太い薪へと移っていく。
手元で炎が育っていく。
だが一人前に育った炎も栄養…薪の投入を怠れば燃え尽きかけ、慌てて燃料をあてがい息を吹き込むことで、文字通り息を吹き返す。
火は人に育まれ、火はサイトのセンターとして君臨する。
サイトの神である火に「お仕え」することで、豊かな時が流れていく。

2:食事作り

ソロキャンプだから、食事にはこだわらない!
そんな考えの方もいるだろう。
極端な話、カップラーメンで済ます手もあるだろう。

だが目の前には焚き火。
煙が気にならない野外キッチン。
焚き火が生み出す大量の熾火。
これらを利用しない手はない。

何よりも「ソロ」だから「メンバー」がいない。
だから自分の好きな食べ物を自分で好きなように調理できるのだ。

もちろんソロだから、食材はムダが出ないようにコンパクトに。
先日の記事でも紹介した

 シェラカップ炊飯
記事はこちら 

ソロキャンプ,ソロキャンパー,キャンプ飯,シエラカップ

シェラカップパスタ
記事はこちら

あるいは「竹蒸し料理」
記事はこちら

ソロキャンプ,ソロキャンパー,キャンプ飯

アルミホイルでのロースト」を楽しんでみてはいかがだろうか。
記事はこちら

ソロキャンプ,ソロキャンパー,焚き火,キャンプ飯

あるいは簡便にホットサンドメーカーを熾火にかざし
ホットサンドを楽しむのもオツ。
独りだけのキャンプ。
調理に手間取っても、誰にも文句を言われない。
ゆったりと料理を楽しみたい。
(ただし、手間取る調理を誰にもフォローしてもらえないが…)

3:コーヒー

キャンプの朝といえば「夜明けのコーヒー
だが朝ならずとも、焚き火で沸かした湯で淹れるコーヒーは何物にも代えがたい。
昨今ではアウトドア用の簡便なミル、ドリップ
そしてソロ用の小型ケトルも販売されているので、それらを揃え自作のブレンドコーヒーを楽しみたい。

ソロキャンプ,ソロキャンパー,キャンプ飯,コーヒー

焚き火がパチパチはぜる音に、ゴリゴリと豆を挽く音が加わる。
挽かれた豆をドリップに移して湯を静かに注げば、ふっくらと膨らみ泡立つ

滴り落ちる滴が炎に映えて黄金色に輝く。
それこそキャンプの醍醐味!

4:読書

独りだけの静かな時間は、読書のためのまたとない機会。
電気ではない、太陽光のもとで「紙の活字」というアナログから知識を吸収したい。
やがて陽が落ちればランタンの明かりの下で読書。
もちろん、ランタンは点灯・消灯が簡単、テント内にも安全に持ち込めるLEDランタンを!

▲商品詳細
▲商品詳細

5:工作

手元にはキャンプ用の刃物、手元には薪用の木片。
この木片を火に投じる前に思いとどまり、
工作用の材料にしてみよう。

ソロキャンプ,ソロキャンパー,焚き火,薪割り

木を削ってモノを作る。
都会のマンション内では音や振動が響いて近所迷惑になりかねないが、サイトでは快い音楽となる。

ソロキャンプ,ソロキャンパー,焚き火,薪割り

もちろん、ソロである以上、そして1泊か2泊の滞在である以上、巨大なものは作れないだろう。そこでお勧めしたいのが「スプーン」。


※写真提供・奈良本洋二

ここで「薪用の木片」と書いたが、キャンプ場で売られている「安物の薪」の杉材は柔らかすぎ、香りも強すぎスプーンの材には向かない。
「高級薪」であるナラ材かサクラ材がよろしい。
手際よくできたならばディナーに使える上、キャンプ記念のお土産にもピッタリだ。
なお「工作」を意図したキャンプならばナイフや鋸以外に丸カンナなども必要となろう。それら道具はいずれもコンパクトなものを選びたい。荷物にならないように。
そして、柄に「赤テープ」を巻き付けておきたい。
整備されたキャンプ場でも、うっかり取り落とせば自然の芝や落ち葉の色に紛れてなかなか見つからない。そんな折の「目印」のために。

以上、ソロキャンプの楽しみ
大自然の中、「一人だけでも楽しめる」「一人だからこそ楽しめる」
そんな趣味を満喫してみたい

本文:角田陽一
写真:角田陽一、中里慎一郎、奈良本洋二

商品コード: 4580484514751
3,980  (税込)
●本体サイズ:約260×φ125mm(紐部分含めた高さ:約310mm) ●本体重量:約600g(※バッテリー2個を含む) ●明るさ:20~370ルーメン ※光量無段階調節可能 ●材質:シリコン/プラスチック/鉄/竹/麻 ●ワット数:6W ●連続点灯時間:約3.8時間(High)、約75時間(Low)...
カラー: ブラック, ホワイト
商品コード: 4580484513440
2,300  (税込)
●展開サイズ(外寸):約幅9cm×奥行9cm×高さ18.5cm ●明るさ:最大1000ルーメン(昼白色300ルーメン 電球色700ルーメン 切り替え可) ●連続点灯時間(目安):25時間(300ルーメン)、18時間(700ルーメン)、12時間(1000ルーメン) ●LED寿命:約40000時間...

Category

おすすめカテゴリ

Brand Pickup

ブランドピックアップ

Related

関連記事