家族とアウトドアを楽しむ

オンラインストア cabinet

 
カートの内容
カートは空です
まだ寒気の厳しい早春のキャンプ 朝晩にはホッと温もれるスープ料理がうれしい。 今回は「ダチョウのネックスープ」を紹介してみたい 目次 早春キャンプにうれしい ダッチオーブンの煮込み料理 ダッチ料理の定番料理「牛のテールスープ」...
近年、アウトドアの場で人気の「角型飯ごう」であるところの「メスティン」。 そのメスティンで「 ビーフン 」を作るテクニックを紹介したい。 目次 アウトドアの麺料理と言えばパスタ それよりも便利な「米の麺」 中国南部で生まれた米の細麺...
冬キャンプと言えば焚き火。来るお正月に向けて「お餅の焼き方」を紹介させていただきます。 目次 新年キャンプの楽しみは 焚き火と焼きたてのお餅 火加減は「弱火」 もしくは「強火の遠火」 「魚は殿様に焼かせよ」 餅は誰に焼かせる?...
  今回は、シェラカップで作る「牡蠣のパスタ」紹介します。 目次 水と燃料を食うのがパスタ でも、サイトでパスタを食べたい! パスタを水に漬ける これだけで時短!燃料代カット! 水と燃料を食うのがパスタ...
アウトドアクッキングと言えばダッチオーブン。 ダッチオーブンの持ち味は、分厚い鍋肌が受け止める熾火の熱。 炉の熱気、そして鉄蓋の上に載せられた炭火が放つ熱気は厚い躯体に蓄積され、中に納められた素材をじっくりジンワリ昇華させていく。...
アウトドアでの万能調理器具・中華鍋   その威力を確かめるにはパッと華やかなメニューがベスト なので「 パエリア 」を作ってみよう。 目次 日本のキッチンないパエリア鍋 だから中華鍋で炊こう! タマネギを炒め、米を炒める...
アウトドアでの調理器具といえば、まずダッチオーブンがイメージされるだろう。 だが、今回は「 中華鍋 」を推してみたい。 ガスの強火の上でサッサッサッとリズミカルに振れば、炒飯でもレバニラでもシャッキリカラリと炒め上げられる。 中華鍋、それも 北京鍋...
冬から春へ。 春一番が吹いても、いまだ冷える冬キャンプ。そんな季節の変わり目には、体を内側から温めてくれる料理がありがたい。酒粕料理の極意を、アウトドア料理家が伝授します。 目次 日本料理の知恵・酒粕料理 鶏の酒粕煮...
  皆さんこんにちは、QUICKCAMPの中の人 K です。私がキャンプに行った時に一番楽しみな事といったら、ずばりご飯!なぜかキャンプの時に食べるご飯って格別に感じます。 そこで今回は!キャンプ飯を盛り上げる QUICKCAMP おすすめ調理器具 TOP3 をご紹介します。...
皆さま、こんにちは! Yuru. です^^随分と更新がご無沙汰になってしまいました…。 今年は新型コロナウイルスの蔓延に伴い、今までの生活から様々なことが変化しつつありますね…。...
皆さんこんにちは! キャンプあるある探検隊隊長a.k.a 千の味覚を持つ男 (again!!!) どーも僕です! いやー 相変わらず家に籠りがちな昨今 いかがお過ごしでしょうか!? なかなかキャンプに行けずに悶々とお過ごしのことでしょう!!!!!...
目次 子どもの野菜嫌いはBBQのトラウマ? 焼くのがむつかしい野菜 子どもの嫌いな野菜の上位・ナス 焼き方を工夫すれば大好評 ナスは「切ってから焼く」のではない 「焼いてから切る」 皮ごと焼くから水分を逃さない 焼き上がりはヒスイ色...
目次 アイヌ料理の主食 汁物料理「オハウ」を作る 前回に続いてアイヌ料理 再度、用語解説 フィールドだから加熱調理 チタタㇷ゚入りのオハウを作る 味付けは塩のみ 素材の持ち味を引き出す 注意!「ヒンナ」の意味を...
人気漫画でメジャーになりつつあるアイヌ文化  アイヌ料理をフィールドで作る 明治後期を舞台に、日露戦争の帰還兵・杉元佐一とアイヌの少女・アシㇼパが伝説の埋蔵金を求めアイヌモシㇼ(アイヌ文化圏)各地を巡る冒険活劇漫画『 ゴールデンカムイ...
目次 ネットで簡単に買えるエゾ鹿のロース肉 鹿肉のトマトシチュー 鹿の脂はマズイ最初にしっかり取り除く 家庭でも覚えておきたい玉ねぎのみじん切りテクニック いよいよ肉を炒めて煮込みに入る...
昨今のアウトドアと言えば、車を駆使してのオートキャンプが主流 車を使うからこそ、大型のテントに木製テーブル、あるいはコットと重いグッズでもラクラク運んで居住環境もアップする。 そんなオートキャンプでこそ本領を発揮するのが「ダッチオーブン」!...
シエラカップはアウトドアの万能容器。 金属製だから、火にもかけられる。 その特性を生かし、さまざまなアウトドア料理に活用してみたい。 いかにも「アウトドアらしい料理」と言えばなんだろうか。 多くの人々は、炭火でジュウジュウ焼き上げる BBQ...
皆さまこんにちは! Yuru( @x_xx_yurucamp_xx_x ) です^^ 前回までの「メスティン活用術」の記事はいかがだったでしょうか?今回も前回に続きましてメスティン活用術として「メッシュトレイ編」をご紹介させて頂きたいと思います♪...
みなさんこんにちは! 伝説という言葉にめっぽう弱い 時の旅人、焚・・・き火は恋人 どーも僕です。 どーですかー!キャンプしてますかーー? 最近の僕はお陰様で5つも連載を抱え執筆活動に忙しく なかなかキャンプに行けていません。...
みなさんこんにちは。 キャンプの調子はどうですか? ちょっと寒くなってきましたね。 お風邪などめされてないでしょうか? 夜寝る時は温かいシュラフでお休みください・・・・ あーーーーーーーーーーーーーーーーーーー! 焚火してぇ!!!!!! 焚き火して癒されてぇ!!!...
アウトドアでの楽しみは、やはりホカホカの炊きたてご飯。薪が焚ける環境ならば、飯ごうや釜で炊いた飯が絶品だろう。火力に留意してシャッキリ、ふんわりと仕上げた飯を頬張る感覚こそ、サイトの醍醐味。 だが、飯ごうは 4 合炊き、釜は最小でも 3...
皆さまこんにちは! Yuru( @x_xx_yurucamp_xx_x ) です^^ 10月に UP した、「 メスティン活用術(炊飯編) 」の記事はいかがだったでしょうか? 今回はメスティン活用術の「炊飯編」に続きまして、「パスタ編」をご紹介させて頂きたいと思います♪...
秋の風物詩と言えば焚き火。 落ち葉が道を覆えばホウキで掃き集め、火をつけて処分する。 燃え上がる炎も大切な熱量。燃えるごとに溜まる灰に秋の味覚… 芋や栗を埋めてしばし待つ ジンワリと熱が通り、ふっくらホカホカ。 秋の風物詩、焼き芋。 だが都会生活は焚き火が難しい。...
「なぁ、キャンプに行かないか?」 そんな言葉を、実の息子に言えずにいる。今年 20 歳になった息子に。   子どもたちとのコミュニケーションが最近希薄になってきている気がする――。そう感じ始めたのは最近のことではない。 10...
ただ火を焚くのはもったいない  焚くなら、飯を炊いてみたい 前回、前々回の記事で、焚き火のおこし型、安全な消火方法、そしてシーンに応じた薪の組み方を紹介させていただいた。...
  みなさんこんにちは。 アウトドアあるある探検隊隊長 a.k.a 味覚の絶対音感を持つ男 どーも僕です。  キャンプしてぇ! あーーーーーキャンプしてぇ!!! あああああああああぁぁぁああああああ!キャンプしてぇーーーーー!!!!!!!!!!!!! oh camp...
皆さま、こんにちは! Yuru です^^ 前回の記事で私のおすすめのキャンプ料理道具をご紹介させて頂きましたが…、その中から今やレシピ本も発売されている人気のキャンプギア「メスティン」についてクローズアップさせて頂きたいと思います!...
出典: FIRESIDE 1993年生まれ。二児のパパキャンパーのおこめつぶです!高校生の時に片足をつっこんだキャンプの沼に今は肩までどっぷり浸かっています。少しだけ為になったり、ちっとも為にならかったりする記事を書いていくので、暖かい目で見て頂けたら嬉しいです!...
みなさんこんにちは。 アウトドアあるある探検隊隊長こと 千の味覚を持つ男 どーも僕です。 みなさんキャンプしていますか? 焚火はどう? アウトドアを楽しんでいますか? そこに愛はあるのかい? 心にダムはあるのかい? キャンプを愛し キャンプに愛された男かい?...
皆さま、はじめまして! 「 cabinet 」でライターをさせて頂くことになりました、 Yuru. (@x_xx_yurucamp_xx_x ) と申します♪ アニメ「ゆるキャン△」がきっかけで今まで見向きもしなかったアウトドアの世界へ興味を持ち始め、 2018年 3...
みなさんこんにちは。 わたくし普段あるあるだ何だと言っていますが、今回はちょっと違います。 そうです。今回は、みんな大好きメスティンです。 ここ最近はキャンプ飯の SNS 映えアイテム、 M ・ e ・ s ・ t ・ i ・ n です! DA ・ YO ・ NE !...
  こんにちは、 2 児の父親キャンパーおこめつぶです。 突然ですが、今年の前半は雨が多かったですよね...泣 我が家は 2.30 年前の古いテントを使っているので、防水性がありません。 (致命的…)...