テントの選び方テントの選び方

TOPテント特集

テントの選び方

テントの大きさ

テントの大きさ画像

テント選びはまず使用する(宿泊する)人数に合わせて検討しましょう。大人で幅60cm×長さ200cmを基本に床面積を考察。荷物を置くことも考えて、人数+1~2人分の広さがあるとベスト。 ゆったりと寝られることだけでなく、立ち上がった時に窮屈でないように高さもチェックしましょう。

数字だけで広さはわからない

テントの使用人数は、大人が寝るスペースを目安にフロア面積から算出していますが、荷物の置場所など実際に使用する状況を考慮して選ぶならば、

  • ・フロアサイズが270×270cmで定員5人までのテントなら、大人2~3人での使用が快適。
  • ・300×300cmで定員6名までのテントなら、大人3~4人での使用が快適。

身長より10cm高いテント

フロアサイズに比べて見落とされがちなのがテントの高さ。天井高が自分の身長より低いと、腰が曲がってテント内での作業がしづらくなります。また電池式ランタンなどを吊り下げたりすることを 考慮すると、天井高は「身長+10cm」位あるとストレスなく過ごすことができます。
これらはカタログの数字を見ればわかることですが、数字だけではわからない広さもあります。ドームテントは、ポールを湾曲させて空間 を作っているため、底面から上部へ行くにしたがって有効空間が狭くなります。しかし、ジョイントパーツなどを使ってサイドの立ち上げをおこしたり、ベンディングポールを採用することでテント内の居住 空間を広くし、数字では見えない快適性を作り出しています。

テントのタイプ

シチュエーションに合わせて

よく使用するシチュエーションを考えてセレクトしましょう。

  • ■ 夏に家族4人でキャンプ       ちょっと広めのドーム型6~7人用
  • ■ 家族4人でオートキャンプ      荷物は車に置けるので、4~5人用のドーム型
  • ■ 2日以上の滞在           ゆったり過ごせるロッジ型
  • ■ 大自然の中で本格的なアウトドア   ロッジ型の中でも底がしっかりしたもの
  • ■ 1人でバイク旅           コンパクトにたためるツーリング型
  • ■ 夏の海辺でレジャー         ワンタッチで設営可能なUVカット加工のビーチ用

テントの耐久性

雨の日に耐える

山の天気は変わりやすいもの。突然の雨にも慌てることがないよう、耐水・防水性の高いものを選んでおくことを おすすめします。以下の点をしっかりチェックしましょう。

pointpoint

  • ・シーム(縫い目)にシームテープで防水加工がされているか
  • ・グランドシートが浸水しないように袋状に縫製されているか
  • ・どの程度の雨に耐えられる「耐水圧(生地に雨が染みるのを抑える性能の数値)」か
耐水圧の目安
1,500mm強い雨にも耐えられる
1,000mm普通の雨なら十分
500mm小雨までならOK

前室付きテント

前室付きテント

大勢で使用することを考えると、前室が付いているものがおすすめ。最低でも、雨の日に靴を履けるくらいのスペースがあると便利です。 荷物を置きたいなら、広めのものを。

インナーテントのポール構造

インナーテントを2本のポールだけで立ち上げるタイプと、ルーフ部分とサイド部分で別のポールを使って立ち上げるタイプがあります。

2本のポールをクロスさせて
立ち上げるタイプ

2本のポールをクロスさせて立ち上げるタイプ

アルミ合金ポールなどを採用して軽量化されたモデルがあり、またベンディングポールに よって室内空間を広く確保したものもあります。 1本のポール長が長いので、慣れないうちは設営は2人で行なうと良いでしょう。

ルーフポールとサイドポールを
ジョイントパーツで接続して
立ち上げるタイプ

2本のポールをクロスさせて立ち上げるタイプ

天井部の柔軟性が必要なところと、サイドの強度が必要なところで、ポールの素材を変えています。サイドポールにはスチール素材を採用しているので、2本ポールタイプのものと比べて重 量が重くなりますが、1本のポール長が短く、 2回にわけてテントを立ち上げるので一人でも簡単に設営することができます。

pagetop